NGTベテラン5人とは?メンバー内部告発“緊急学級会”でファンとの繋がり自白

NGT48
引用:NGT公式HP
エンタメ

4月10日、文春オンラインが4月5日、NGTメンバーらによる全体ミーティングが開かれ、同グループの若手メンバー・A子さんから内部告発のSOSが届いたと報じました。

この記事では、「NGT48ベテラン5人とは?メンバー内部告発“緊急学級会”で自白」という内容でまとめます。

記事の内容

文春オンラインの記事から引用です。

アイドルグループ「NGT48」山口真帆(23)の暴行事件を受けて、4月に入り、「週刊文春」記者のもとに同グループの若手メンバー・A子さんから内部告発のSOSが届いた。


A子さんによれば、4月5日、NGTメンバーらによる全体ミーティングが開かれたという。参加条件は「今後もやる気がある者」(運営側通達)とされたが、山口ほかメンバー2名は不参加だった。

「最初に携帯を没収され、円く輪になって並び、古株を中心に話し合いがスタートしました。が、グループで唯一真帆さんと連絡がとれているメンバーが、『真帆ちゃんがいないのに前に進むべきじゃない』と訴えた」(A子さん)
 そして、「まるで学級会の犯人捜し」(同前)が始まったという。


「『事件には関係ないけど』という前置きをした上で、ファンと繋がっていたベテランメンバーが挙手していました」(同前)
 結局、正規メンバー5名が名乗り出たという。山口の帰宅時間を教えた研究生メンバーと既に処分されている元メンバーの名前も上がった。


「本音を言えばもうグループを続けていくモチベーションはありません。仕事は握手会しかなく、SNSやショールームでの発言は制限されていて、私たちは何もいえない」(同前)

引用:文春オンライン

いったい何のための全体ミーティングだったのか、良く分かりませんね。

ファンと繋がっていたベテランメンバーに自白させ、許してもらうための通過儀礼的なものだったのでしょうか。?

 

スポンサーリンク

 

NGT48自白したベテラン5人とは誰?名前は?

ネット上などを見てみると、ベテランメンバーと言われていることから、該当するのは1期生の誰かではないかという声が多いようです。

 

現在このメンバーに関してネットでは、西潟茉莉奈さん、太野彩香さん、山田野絵さんは入っているだろうと予想されています。

 

また、文春オンラインでは、下記のようなLINEの文面の画像も掲載されていたことから、該当メンバーが推測されています。

LINEの文面は、「成人式はもちろんおめでたいことだから止める権利はないけど・・・」と始まっていることから・・・

 

黒塗りされているところにある名前は、2019年に成人式を迎えた荻野由佳さんと加藤美南さんではないかとも言われています。

 

つまり、ベテラン5人とは、西潟茉莉奈さん、太野彩香さん、山田野絵さん、荻野由佳さん、加藤美南さんとなりそうです。

 

一方で下記のような書き込みも・・。

これによると、5人は太野彩香さん、西潟茉莉奈さん、荻野由佳さん、佐藤杏樹さん、中井りかさんとなりますね。

現在、分かる情報をつなげた結果、以前から名前が挙がっているようなメンバー名が浮上してくることになりました。

 

スポンサーリンク

 

私的領域でファンとつながりのあった12人

今回のベテラン5人は、以前発表があった「私的領域におけるファンとつながりのあったメンバー12人」に含まれるわけですが、ネット上では12人について、うち9人を下記のように予測していました。

私的領域におけるファンとつながりのあったメンバー12人(予測)

中井りか(TeamG)

西潟茉莉奈(TeamN3)

太野彩香(TeamN3)

山田野絵(TeamN3)

荻野由佳(TeamN3)

加藤美南(TeamN3)

佐藤杏樹(TeamN3)

清司麗菜(TeamN3、元1期研)

大塚七海(2期研究生)

まとめ

4月10日、文春オンラインが4月5日、NGTメンバーらによる全体ミーティングが開かれ、同グループの若手メンバー・A子さんから内部告発のSOSが届いたと報じた件について、「NGT48ベテラン5人とは?メンバー内部告発“緊急学級会”で自白」という内容でまとめました。

 

ベテラン5人とは、西潟茉莉奈さん、太野彩香さん、山田野絵さん、荻野由佳さん、加藤美南さん、佐藤杏樹さん、中井りかさんのうちの5人と予想します。

色々な情報があって絞り込めていませんが、もともとの12人には入っています。

”あなた”はどう思いますか?

ご意見があればコメントなどお願いします。

 

まとめ記事はこちら↓

NGT48

NGT48【記事まとめ】山口真帆 暴行事件・メンバー・アイドルハンターなど

2019年4月23日

よく読まれている記事