磯野貴理子【離婚真相】高橋東吾の浮気暴力 バー「ラビットフット」原因か?! 

磯野貴理子
出典:行列が出来る法律相談所
エンタメ

 

5月19日、磯野貴理子さんが離婚を公表したことで話題になっています。

 

この記事では、「磯野貴理子【離婚真相】高橋東吾の浮気暴力 バー「ラビットフット」原因か?! 」というタイトルで【離婚真相】についてまとめます。

 

「 はやく起きた朝は 」の様子

 

磯野貴理子さんは、日曜の朝の番組「 はやく起きた朝は 」で、離婚することを公表しました。

 

突然の発表に松居直美さんが号泣する様子が、なんとも言えず。

明るく振舞う磯野貴理子さんの気持ちを代弁するようでした。

離婚について語った内容は

視聴者からの「60歳になったらやってみたいこと」の手紙を紹介した磯野は「急なんだけどさ、私離婚することになって。離婚するのよ今度」と突然切り出した。共演者の松居直美(51)と森尾由美(52)は寝耳に水で「え? 誰が?」と目を丸くするなか「私の離婚が決まりましてね」と告白。松居は両手で顔を覆い、嗚咽した。


 磯野は松居をなだめながら「ずっと観てくれてる方に報告しないと。急に旦那の話をしなくなるのもさ、ちょっと変かなと思って。ごめんね、日曜の朝にね」と前置きしたうえで「知らない方もいらっしゃるかもしれないので言っときますけど、私の夫はすごく年下なんですよね。24(歳)下なの。すごい若いんですよ。

だから覚悟はしていたとはいえね。向こうから言い出したんだけどね」と切り出した。


 夫に理由を聞いたところ「俺ね、自分の子どもが欲しいって。自分の子どもが欲しいんだって言われて」と説明。

「あーそうかそうか、そらそうだって思って。そうだよね、うんうんうん、わかったわかったって。そりゃそうだよ。

『俺、勝手言って』って言われて、『勝手じゃないよ、自然なことだよ、あたりまえじゃないの、わかったわかった』って言って。

それで別々の道を歩くことになって、そういう報告ですよ」と経緯を明かした。
 

隣で号泣する松居に「直美ちゃん、心配かけたもんね。最初に離婚したときも寂しいとか言って直美ちゃんに言っちゃったから、本当に大変だったと思う。面倒見てもらったから。大丈夫大丈夫。まだ家にいるから。これからこれから」と声をかけると、両手を広げた松居は「ハグしていい?」と磯野を抱きしめた。


 磯野は「向こうのほうがよく頑張ってくれたよ。よく一緒にいてくれたなと思って」と続けると、森尾は目に涙をいっぱいためながら「よくそうやって思えるよ、偉い」としんみり。

磯野が「思えるよ、全然思えるよ。感謝しかない。めでたい話だから。新しい出発だから」と続けると、松居は「そうね、離婚じゃなくて、卒業だよね」と冗談めかしながら「私たちが一生面倒見るから」と宣言し、森尾も力強くうなずいた。

現在住んでいる自宅は夫が出て行くことも明かしていた。

引用:オリコンニュース

 

番組の中で、磯野貴理子さんは気丈に新しい出発、円満離婚と語っていました。

 

 

スポンサーリンク

 

磯野貴理子さんの夫、高橋東吾さんとは

 

磯野貴理子さんの夫、高橋東吾さんは、バー「ラビットフット」のマスターをしています。

バーの開店資金は、磯野貴理子さんが出しており、実質上のオーナーです。

一部では、バー「ラビットフット」は赤字経営とも言われていて、運転資金の不足は、磯野貴理子さんが補填していたとも言われています。

【離婚真相】高橋東吾の浮気暴力?!

 

離婚理由については、高橋東吾さんが自分の子供が欲しいと切り出し、磯野貴理子さんが、そうだよねと受けたとなっています。

しかし、ネット上では・・・

バー「ラビットフット」原因か?!

 

高橋東吾さんは、バー「ラビットフット」のマスターを7年間やっていますが、その間に見た目も変わり、生活も変わっていったようです。

磯野貴理子さんに資金提供してもらい経営していたバー「ラビットフット」が高橋東吾さんを変えてしまったのかもしれません。

 

過去に高橋東吾さんは暴力事件で浮気が判明していて、今回子供が欲しいから離婚するというのは言い訳だろうとネット上では噂されています。

真実は分かりませんが、邪推する気持ちは分かりますね!

 

スポンサーリンク

 

 

磯野さんが脳梗塞療養中に飲み会で女性を口説いて、やめときなさいよって割って入ってくれた女性に暴力を振るった時点でありえないよね。
女性の太ももに手を乗せてる写真をフェイスブックにアップできる神経がすごい。

辛口だけど、的を射たコメントです。

まとめ

5月19日、磯野貴理子さんが離婚を公表したことで話題になっています。「磯野貴理子【離婚真相】高橋東吾の浮気暴力 バー「ラビットフット」原因か?! 」という内容でまとめました。

 

よく読まれている記事