小林龍尚(たつなお)スキージャンプ・プロフ戦績&家族(4兄弟)とは【ミライモンスター】

スキージャンプ
※スキージャンプイメージ
テレビ

 

3月17日、ミライ☆モンスターはスキージャンプの小林龍尚(たつなお)選手の特集です。

小林龍尚(たつなお)選手は、3月10日にスキージャンプのワールドカップで総合優勝を決めた小林陵侑(りょうゆう)選手の弟さんになります。

実は、小林兄弟は4兄弟で全員スキージャンパーです。

 

この記事では、小林龍尚(たつなお)選手のプロフフィール・戦績&家族(4兄弟)とはと題してまとめます。

 

小林龍尚(たつなお)選手 プロフィール

名前:小林龍尚(こばやし たつなお)

生年月日:2001年8月10日(17歳)

出身:岩手県八幡平市

中学:松尾中学校

高校:私立盛岡中央高校

身長:170cm

体重:55kg

 

実は、後で紹介する小林龍尚(たつなお)選手の兄弟・小林潤志郎(じゅんしろう)選手・小林陵侑(りょうゆう)選手・小林諭果(ゆか)選手いずれも、私立盛岡中央高校出身ということで、小林龍尚(こばやし たつなお)選手も既にスキージャンプ界で活躍するレール(滑走路?!)に乗っているといえます。

小林龍尚(たつなお)選手 戦績

 

今年(2019年)の第68回全国高校スキー大会のノルディックスキー・スペシャルジャンプ(ヒルサイズ86メートル)では、1本目、79.5メートル・2本目、81メートルとまとめ準優勝しました。

 

同じく今年の第74回国民体育大会冬季大会スキー(少年男子 ヒルサイズ100メートル)では、1本目、91メートル・2本目、90メートルの結果で全国高校スキー大会と同じく準優勝となりました。

 

更に、2019 FISノルディックジュニア選手権(フィンランド)代表選手に選出され、個人では24位と振るいませんでしたが、男子団体では4位に輝きました。

 

現在までのところ優勝まで至っていませんが、成績を見ると1本目・2本目の飛距離を上手くまとめる力があると思いますので、来年には優勝も狙えるのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

小林龍尚(たつなお)選手 家族(4兄弟)とは

スキージャンプの小林4兄弟については、メディアでも取り上げられていますが、ここで改めてご紹介します。

 

やはり一番有名なのは、3月10日にスキージャンプのワールドカップで総合優勝を決めた小林陵侑(りょうゆう)選手でしょう。

関連記事はこちら↓

小林陵侑(りょうゆう)プロフ戦績は?ジャンプW杯ポイントルールは?兄弟・彼女は?

2019.03.11

ミライ☆モンスター(ミラモン)の予告編にも少し登場しました。

 

プロフィールを簡単に紹介すると、、

小林陵侑(こばやし りょうゆう)

名前:小林陵侑(こばやし りょうゆう)

生年月日:1996年11月8日(22歳)

所属:土屋ホーム

実績:2018/19 ワールドカップ個人総合優勝

 

小林潤志郎(こばやし じゅんしろう)

名前:小林潤志郎(こばやし じゅんしろう)

生年月日:1991年6月11日(27歳)

所属:雪印メグミルクスキー部

実績:2017/18全日本選手権優勝

 

小林諭果(こばやし ゆか)

名前:小林諭果(こばやし ゆか)

生年月日:1994年5月16日(24歳)

所属:CHINTAIスキークラブ

実績:2017年アルマトイ 女子団体優勝

 

小林龍尚(たつなお)選手の兄・姉は3人とも社会人スキークラブに所属して活躍されています。

しかし、スキーというと荻原兄弟や渡部兄弟(※競技は複合競技ですが・・)など兄弟で競技に望む選手が多い気がしますね。

 

 

 

まとめ

3月17日、ミライ☆モンスターはスキージャンプの小林龍尚(たつなお)選手の特集ということで、小林龍尚(たつなお)選手のプロフフィール・戦績&家族(4兄弟)についてまとめてみました。

小林龍尚(たつなお)選手について、調べてまとめてみると、たいへん将来有望な選手であることが分かります。

上のご兄弟を超えて活躍されることを期待しつつ、ミライ☆モンスターを視聴してみましょう!

 

関連記事はこちら↓

小林陵侑(りょうゆう)プロフ戦績は?ジャンプW杯ポイントルールは?兄弟・彼女は?

2019.03.11

 

↓ミライ☆モンスターのまとめ記事を是非ごらん下さい。

ミライ☆モンスター(ミラモン)とオリンピック候補記事まとめ

2019.02.21

よく読まれている記事