高石藤井病院44歳・非常勤医師・名前画像は?静脈点滴と筋肉注射違いは?

news
※newsイメージ
ニュース

 

3月6日、2015年に大阪府高石市の病院で、女子生徒にアドレナリンを誤った方法で過剰投与して死亡させたとして、男性医師が業務上過失致死の疑いで書類送検されたというニュースが入ってきました。

この記事では、「高石藤井病院44歳・非常勤医師・名前画像は?静脈点滴と筋肉注射違いは?」という内容で情報をまとめます。

事件の概要

2015年12月29日夜、食後に目が腫れ、高石藤井病院の救急外来を受診。

点滴を受けた直後に頭や胸の痛みを訴えて意識を失い、約3時間後に死亡したとされています。

救急外来を受診した際、非常勤で44歳の男性医師が、本来、筋肉注射で投与するべきアドレナリンを、誤って点滴で静脈に過剰投与して死亡させた疑いが強まったそうです。

 

静脈点滴と筋肉注射違いは?

注射の違いについて詳しくは<こちら>をご覧下さい。

点滴静脈注射ついて詳しくは<こちら>をご覧下さい。

インターネット上では、

情報が少なすぎて何とも救急の現場が不安になる報道である。

ボスミン(アドレナリン)はそもそも静脈投与も適応であるし、ショック状態では静注(点滴静脈注射)する。

アレルギーでは0.3-0.5mgの筋注が推奨されるが、投与が遅れて死亡した話はよく聞くが、静注したから患者が死亡したという話は初めて聞いた。

死因との因果関係は証明されているのだろうか。

医療事故調査制度も始まっているし、きちんと検証していただきたい。

という書き込みも見られました。

患者としては、症状を改善してもらいたいという思いが強く、打たれている薬剤が、筋肉注射用なのか静脈点滴用なのかなどは、医師・看護士に判断を任せるのは当たり前のこと。

インターネットの書き込みについては、ボスミンは点滴も筋肉注射も、どちらにも使えると書かれていますが、今回の事件では、「本来、筋肉注射で投与するべきアドレナリンを、誤って点滴で静脈に過剰投与して死亡させた疑いが強まった」と書かれていることから、医療過誤であったことがハッキリ裏付けられたものだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

民事訴訟は1億円で和解


2017年10月03日、大阪府高石市の高石藤井病院で2015年、点滴を受けた堺市の高校3年の女子生徒=当時(18)=が急死したのは不適切な薬剤投与が原因だとして、両親が病院を運営する医療法人「良秀会」(堺市)と医師に約1億2700万円の損害賠償を求める訴訟あった。

病院側が診療に落ち度があったと謝罪し、1億円を支払う内容で、大阪地裁で和解が決定した。

2017年9月26日付の和解条項には、病院側が再発防止策に取り組むことも盛り込まれている。

 

※事前に和解が成立すると訴訟まで行かないケースもありますが、本件は訴訟後に和解が成立した模様です。

 

44歳・非常勤医師・名前画像は?

インターネット上で過去の記事やツイッター情報なども調べましたが、名前画像は公表されていません。

 

※事件の性質や和解などもあって、公表されないのかもしれません。

 

まとめ

「高石藤井病院44歳・非常勤医師・名前画像は?静脈点滴と筋肉注射違いは?」という内容で情報をまとめました。

44歳・非常勤医師・名前画像は不明でしたが、今後も調査を続けます。

 

↓よく読まれている記事↓

東京大学病院

池江璃花子さん白血病・堀ちえみさん舌がんに関するまとめ記事

2019年2月20日

ありむらあいりビフォーアフター1

有村架純の姉 藍里プロフィールとブログ内容・整形前後ビフォーアフター顔画像

2019年3月3日

よく読まれている記事