カンボジア【タクシー強盗殺人】中茎竜二・石田礼門プロフ画像と刑罰は?

news
※newsイメージ
ニュース

3月18日、世界遺産アンコールワットで有名なカンボジア中部シエムレアプで、タクシー運転手の男性が首をナイフで切られて殺害される事件があり、現地警察は20代の日本人の男2人を強盗殺人容疑で逮捕したとのニュース。

この記事では、カンボジア【タクシー運転手刺殺】中茎竜二・石田礼門画像や家族は?という内容を調べてまとめます。

事件の概要

↑逮捕された際の画像だそうです。

朝日新聞の記事によると・・・

警察によると、逮捕されたのは中茎竜二容疑者(23)と、石田礼門容疑者(23)。

現地報道によると2人は16日、タイ国境にあるカンボジア西部ポイペトから入国し、17日にタクシーに乗車。

車内で運転手の男性の首を切った後、シエムレアプの国道で男性を路上に落として300メートルほど走ったところで逮捕された。

現地警察に「金が欲しかった」と話しているという。

~引用:朝日新聞~

日本人が、海外で事件や事故に巻き込まれることは、時々あります。

また、密輸や麻薬関係で逮捕という話も時々聞きますが、日本人が東南アジアで強盗目的の殺人を犯すというのは、なかなかないケースだと思われます。

中茎竜二容疑者の画像は?


↑この表情は、かなりボコボコにされた後なのでしょうか?!それともワザと?

↑どうやら、ボコボコにされたようですね。人権とか言ってもカンボジアでは通じない話でしょうね・・。

中茎竜二(なかくきりゅうじ)容疑者 プロフィール

名前:中茎竜二(なかくきりゅうじ)

生年月日:1995年7月7日(23歳)

出身:福島県

パスポートから、以上の情報は判明しましたね。

石田礼門容疑者の画像は?

石田礼門(いしだれいもん)容疑者 プロフィール

名前:石田礼門(いしだれいもん)

生年月日:1995年11月22日(23歳)

出身:千葉県

こちらも、パスポートから、以上の情報は判明しました。

スポンサーリンク

 中茎竜二・石田礼門 両容疑者の家族・生い立ちは?

中茎竜二・石田礼門 両容疑者の家族・生い立ちについては、、まだ詳細は不明です。

しかし、下記のような情報がありました。

中茎竜二容疑者については、、、

福島の実家が特定できそうな情報。

石田礼門容疑者については、、、

過去、自衛隊に入隊歴があるという情報。

量刑刑罰は?計画的殺人罪で終身刑か

カンボジアでは、2017年に計60件の刑事事件(18カ国100人の外国人による)が発生しました。

内訳は、殺人事件が2件、窃盗事件が53件、強姦事件が1件、監禁事件が2件、詐欺事件が2件で、計100人が逮捕されました。

カンボジアは、不法滞在や犯罪への加担などの理由で、2018年は9月までに26カ国・地域の外国人約6,000人を強制送還しています。

カンボジアでの外国人犯罪率は減少傾向にあり、アジア圏では、犯罪は少ない方ですが、治安はよくないと言われています。

そんなカンボジアですが、犯罪の刑罰について死刑は廃止されています。

もっとも重い刑罰でも終身刑となっているようです。

計画的殺人罪となると終身刑が言い渡される模様です。

今回の事件、強盗目的の殺人ということですので、終身刑には至らなくても長い刑期が下されることは間違いないでしょう。

SNS声

まとめ

3月18日、世界遺産アンコールワットで有名なカンボジア中部シエムレアプで、タクシー運転手の男性が首をナイフで切られて殺害される事件があり、現地警察は20代の日本人の男2人を強盗殺人容疑で逮捕したとのニュースで、中茎竜二・石田礼門画像や家族は?という内容でまとめました。

調べてみると、カンボジアでは、中国人の犯罪が多発傾向にあるようです。

しかし、中国人といっても強盗殺人のような凶悪犯罪に手を染めるケースは少ない模様。

中茎竜二・石田礼門 両容疑者は麻薬を施用するためにカンボジアを訪れたのではないかと言われています。

麻薬使用の末に、強盗殺人まで犯すとは怖い話です。

今後の情報も分かり次第更新します。

↓よく読まれている記事

狩猟イメージ

児玉千明町議プロフィール経歴フェイスブック炎上写真とは擁護する声も(主夫太郎ブログ追記)

2019年3月14日

ホテルイメージ

ゴマキ(後藤真希)反省文と赤裸々な不倫陳述書LINE内容とは

2019年3月13日

よく読まれている記事