マツコの知らない世界 最新都営バス燃料電池SORA画像・動画や性能は?

SORA
出典:TOYOTA公式HP
テレビ

 

マツコの知らない世界で紹介された最新の都バスについて、詳細や動画・画像をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

最新都営バスSORAとは

 

番組予告動画でも一部出ていましたが、マツコの知らない世界の番組内では、【最新バス登場】と紹介されました。

 

 

該当するバスは、こちら↓

SORA

出典:TOYOTA公式HP

 

TOYOTAが開発した燃料電池(フューエルセル fuel cell)車両『SORA』です。

 

※燃料電池(フューエルセル fuel cell)はFCと略します。

 

SORA ネーミングの由来

 

SORAは、第45回東京モーターショー2017で初公開されました。

 

ネーミング由来

「Sky(空)」

「Ocean(海)」

「River(川)」

「Air(空気)」

SORAは地球の水の循環を表したネーミングが由来です。

 

SORAの市販車は2018年3月7日から販売。

2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックに向け東京を中心に路線バスとして100台以上が導入予定。



 

 

燃料電池車両『SORA』の性能

 

トヨタの公式ホームページによると、その性能は・・・

 

高い環境性能とFCならではの嬉しさ

 

・燃料電池自動車「MIRAI」向けに開発した「トヨタフューエルセルシステム」を採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能と、騒音や振動が少ない快適な乗り心地を実現しました。


・大容量外部給電システムを搭載しており、高出力かつ大容量の電源供給能力(最高出力9kW、供給電力量235kWh*2)を備えており、災害時に電源としての利用が可能です。

 

 

CO2(二酸化炭素)排出が、ゼロもしくは極めて少なく、静か。

高性能電池として電源供給が可能。

ということを謳っています。

 

車内はユニバーサルデザインを採用

SORA車内

出典:TOYOTA公式HP

 

あとで紹介する動画途中にも出てきますが、横向きのシートは跳ね上げ式になっており、通常は車いすなどのスペースを確保するしくみになっているそうです。

 

視界支援カメラシステム(バス周辺監視機能)

SORAカメラ

出典:TOYOTA公式HP

 

運転席から、8個の高精細カメラの画像をモニター可能。

バス停車時には周囲の歩行者や自転車など検知。

危険があれば、運転手へ音と画像で知らせる「視界支援カメラシステム」を搭載。

燃料電池(フューエルセルfuel cell) とは

 

フューエルセル

 

外部から、燃料としての水素と酸化剤(空気中に含まれる酸素など)を連続的に供給して、その電気化学反応によって電気エネルギーを取り出せる電池。

一種の発電装置

 

 

充電が必要ないことは、ガゾリン燃料車両とも似ていますが、排出ガスが環境にやさしいことが決定的に違うようです。

 

スポンサーリンク

 

最新都営バスSORAの動画

 

走行する様子は↓こちら

 

まきお

かなり静かに、スーッと走る印象だね!

 

車内の様子は↓こちら

 

 

 

 

 

 

SNSの声

 

都営バスだけでなく、京急バスなど私バスでも採用されているようです。

 

 

神奈川県や新潟県でも採用され、普及スピードが早いようです。

まとめ

 

都バスにも採用されている、最新燃料電池(フューエルセルfuel cell)搭載バス『SORA』について紹介しました。

2020年東京オリンピックに向けて100台以上が導入と言われていますが、私鉄系バス会社や東京都以外の都道府県への導入も進みそうです。

全てのバスが、燃料電池車両になることも遠くないのではないでしょうか。

よく読まれている記事