ゆたぼん(中村逞珂)ゆめのたねラジオ放送「自由への扉」聴く方法とは?

youtuber
※youtubeイメージ
ニュース

 

5月5日、琉球新聞が、「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動していると報じました。

ネット上を中心に賛否が噴出、炎上しています。

 

この記事では、『ゆたぼん(中村逞珂)ゆめのたねラジオ放送を聴く方法とは?』という内容をチェックしてみます。

 

琉球新聞の内容

まずは、琉球新聞の記事のご紹介です。

大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。


 ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。

宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。

担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。

現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。
 

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。
 

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。
 

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。

そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。
 

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。

子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。
 

(5月)4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。

毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。
 ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

引用:琉球新聞

記事を読んで、

5月4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。

毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

という部分が気になりますね。

どのような放送で、どのような方法で聴けるのか調べました。

ゆめのたね放送局とは?

ゆめのたね

出典:ゆめのたね放送局HP

開局日:2015年6月1日

○共同代表:岡田尚起(写真 右)・佐藤大輔(写真 左)

 

スポンサーリンク

 

ゆめのたね放送局のホームページ<こちら>を見ると・・・

ゆめのたねが目指す放送局のカタチ
人の夢を応援し、地域・社会に貢献する
インターネットラジオ局として
2015年6月に大阪府門真市で産声を上げました。

特別な人だけではなく、一般の人も
パーソナリティとして想いを伝えられるメディアを。

そしてパーソナリティとリスナーの夢を
プロデュースするラジオ局を目指しています。

と書かれています。

「自由への扉」聴く方法とは?

つづいて、ゆたぼんのラジオ放送「自由への扉」を聴く方法についてですが、記事にも書かれているように「自由への扉」の放送時間は、土曜日の20時からとなっています。

ゆめのたね放送局のホームページの「自由への扉」へのリンクは<こちら>になります。

リンク先で放送をクリックすると日本全国(聴こうと思えば世界中)で聴くことができます。

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

5月5日、琉球新聞が、「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動しているニュース。『ゆたぼん(中村逞珂)ゆめのたねラジオ放送を聴く方法とは?』という内容をチェックしてみました。

よく読まれている記事