人気お笑い芸人Aとは多忙と潔癖症、逮捕で違約金10億円超?!

薬物イメージ
※白い粉イメージ
噂・炎上・ゴシップ

 

3月27日、ピエール瀧のコカイン使用を発端にして、未確認情報ながら、お笑い芸人Aも薬物使用の疑惑があるとのニュースが流れました。

先日、岡村隆史さん、土田晃之さん、千原ジュニアさん、今田耕司さんが出演する各メディアで「お笑い芸人は薬物をやらない」と発言していたところなので、お笑い芸人Aの薬物使用疑惑は、ショッキングな内容といえるでしょう。

 

この記事では、多忙と潔癖症、逮捕で違約金10億円超の人気お笑い芸人Aについて調べてみます。

なお全ては週刊誌の記事をもとに仮説を立てて書いています。

捜査当局は、実は下記のような情報を流しておいて、全く別の人物を捜査している場合もあるそうです。

情報は噂レベルのものです。

取扱いにはご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

情報源はどこ?

未確認情報ながら、下記のような記事が報じられました。


ピエール瀧のコカイン使用に関して、様々な波紋が各分野に及んでいる。
コメンテーターのモーリー・ロバートソンが自らのコカイン使用を自ら告白したり、実はDJ TASAKAの国策逮捕のとばっちりであったといわれたり、騒ぎが収まる様子は無い。

関連記事はこちら↓

news

モーリー・ロバートソン「コカイン」摂取のツイート内容はこちら

2019年3月24日

同じルートをたどって、芸能界の薬物中毒者が引き続き逮捕されるという情報がある。


衝撃的なのは、関東や関西で人気番組の司会を務める売れっ子芸人のAが薬物中毒ではないのか、という疑惑が業界内部で流れていることだ。

若い頃、コンビを組んでいた仲間と一緒に始めた薬物が未だに止められず、今もまとまった休みを取って海外に行っては薬物をキメているといわれている。

Aは極度の潔癖症で知られており、楽屋でも物腰が柔らかく気が小さい性格でも有名だ。

その気の弱さをカバーするために、薬物に手を出していると噂されているのである。

撮影現場でも時々、ピントのハズれた発言をしたり、暑くもないのにものスゴい量の汗をかいたりかいたり、時折会話のキャッチボールが出来なかったりするが、それらはすべて薬物の影響からだといわれているのだ。


もし、この売れっ子芸人Aが逮捕された場合、所属事務所には10億円を超える損害賠償が発生する可能性がある。

関西では好青年として知られるAだが、その心の闇は恐ろしく深いようである。

引用: https://mnsatlas.com

要約すると、お笑い芸人Aとは、

・関東・関西で人気番組の司会

・休みを取って海外旅行

・極度の潔癖症

・気が小さい

・損害賠償が10億超

などがあげられます。

お笑い芸人は薬物をやらない説

ピエール瀧容疑者のコカイン使用発覚後、前出した大物お笑い芸能人たちは、口々に「 お笑い芸人は薬物をやらない 」と発言しています。

発言内容をまとめてみると。

ナインティナイン岡村隆史

3月15日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、芸人が薬物をやらない理由をこう推測してみせた。

「こういうのに手を出すと、ずっと言われるじゃないですか、『結局コイツ、クスリの力でおもしろいこと言うてたんや』って」


「笑いがウケたときの気持ちよさが(ドラッグに)勝っていると思うねんな。今日ウケたわ、気持ちええわとなるとおいしいお酒飲めたりするのが一番気持ちええな」

土田晃之

3月15日放送『バイキング』(フジテレビ)で「芸人では聞いたことがない」「(薬物で捕まった人は)いないと思いますね」などと力説。

土田は2017年にKAT-TUNの田中聖が大麻取締法違反で逮捕された(証拠不十分で不起訴処分)ときも、「ドラッグの話は芸人では聞かない」「芸人で薬をやるやつはいない。

万が一いたら、それはつまらないやつ」などと、この「芸人薬物やらない説」を唱えていた。

千原ジュニア

3月17日放送『Abema的ニュースショー』(AbemaTV)で「お笑い芸人は絶対に薬はやってない」と主張。

吉本興業では天下りしてきた元警察官により数カ月に1度コンプライアンスについて講義を行なっているといい、その元警察官の「これだけ人数がいて、これだけの団体で、これだけ薬物が入っていないのは不思議だ」

「給料400円、500円で10年、20年もやり続けるなんて君たちはある種、すでにジャンキーだ。笑いという麻薬を知ってしまったから、止められない。ただ薬物に手を出す必要もない」などという発言を紹介した。

同番組に出ていたドランクドラゴンの鈴木拓もこのジュニアの発言に同調し、「お笑い芸人は一人もやっていない」と断言した。

今田耕司

3月23日放送『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で、「おもしろいことは、いかにクリアな頭で考えて、計算して笑い取るかということ」「僕らが尊敬している人はやっていないんですよ。

 

やりたくもないし、やってる人を尊敬もしてないし」「音楽をやってる人はビートルズが好きな人ですから。ビートルズはやってる。

やってる人を神のように崇めているジャンルですから、一生オレらとは話は合わんと思う」などと、ビートルズや音楽というジャンル全体を引き合いに出し、お笑いと薬物がいかに無縁かを語ってみせた。

有力な大物お笑い芸人たちが、口々に「 お笑い芸人は薬物をやらない 」と言い切ってしまうのは、あやうい感じがしますが、お笑いは薬物をやっているから面白いと言われるのは恥という気持ちもあるのでしょう。

しかし、人気お笑い芸人Aが本当に逮捕されたら、発言は一体どうなってしまうのでしょうね。

 

薬物使用者が自ら「薬物使っています」と芸人仲間にいうハズもなく芸人が薬物を使っているのを聞いたことがないというのも、発覚後は虚しく聞こえることでしょう。

 

世論は、さらにお笑い芸人Aをかばっていたのではないかという見方もするかもしれませんね。

 

 

 

人気お笑い芸人Aとは?

それでは、「人気お笑い芸人A」とは誰なのか?!

あくまで予想の範囲ですが、考えてみます。

もう一回、条件ですが、、、

 

人気お笑い芸人Aの条件

 

・関東・関西で人気番組の司会

・休みを取って海外旅行

・極度の潔癖症

・気が小さい

・損害賠償が10億超

 

 

注目したいのが、「極度の潔癖症」というところかと思います。

他の条件は、犯人特定には弱い要素だと思われます。

人気お笑い芸人なので、海外旅行も行くでしょうし、損害賠償も10億になる可能性は大、気が小さいかどうかは、、、番組の司会を張っているくらいですので、気が小さいというより繊細ということなのかもしれません。

 

そうすると「極度の潔癖症」は誰なのかが非常に大きな要素になります。

 

また、そもそも論として、イニシャルがAとされていますが、このAは本来の名前に由来してるのかどうなのか?も気になるところです。

 

あえて、ABCのAとしているだけで、名前とは無関係なのか、名前と一致しているのか・・・

 

お笑い芸人・極度の潔癖症で調べてみると

 

ネット上で「お笑い芸人」「潔癖症」で調べた結果ですが、

あくまで潔癖症候補として「今田耕司さん 」「千原ジュニアさん 」「ロンブー淳さん」あたりの名前が出てきました。

※他にも読者さんの中で思い当たるお笑い芸人がいましたら、コメントいただきたいと思います。

 

「今田耕司さん 」「千原ジュニアさん 」「ロンブー淳さん」の中で、

「今田耕司さん 」「千原ジュニアさん 」は「 お笑い芸人は薬物をやらない 」と発言しているので、可能性は薄いかなと思われます。

 

 

そんななか、もちろん確証はありませんが、「ロンブー淳さん」は過去にも薬物疑惑があり、イニシャルもA、ご存知のとおり人気番組の司会も務めていますので条件には近いところがあります。

 

と、管理人が調べられたのはこのあたりまでです。

読者の”あなた”はどのように思いますか?

他に該当しそうな方がいたらコメント頂きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

3月27日、ピエール瀧のコカイン使用を発端にして、未確認情報ながら、お笑い芸人Aも薬物使用の疑惑があるとのニュース。多忙と潔癖症、逮捕で違約金10億円超の人気お笑い芸人Aについて調べてみました。

記載している内容は、憶測の範囲ですので、今後、実際にお笑い芸人Aが逮捕されれば、真相が明らかになると思います。

ただ、色々報道されることで被疑者も警戒するので逮捕されないこともあるかもしれませんね。

 

↓薬物関連の候補が多いので詳しくまとめました。

DRUGイメージ

マトリが狙う芸能人ピエール瀧の次にマークするターゲット誰?紅白歌手・俳優など薬物容疑者候補16人記事まとめ

2019年4月13日

よく読まれている記事