抜歯2回目と現在の歯列画像をお見せします。

歯科矯正

今回の記事は2回目の抜歯に行きましたので、そのお話と歯列の画像などをお見せしたいと思います。

 

※お見苦しい画像ですが、記録として残しておきます。近い将来 綺麗な歯列になりますので、ご容赦ください。笑

 

現在の歯列画像

 

歯科矯正は 歯列の変化を見ていただくのが一番かと思いますので

アップしますが、ご覧になりたくない方はお控えください。

【注意】画像記載あり【注意】画像記載あり

 

 

 

 

自分でみてもガタガタです・・。

 

上の前歯は特にガタガタです。これを受ける形で下の歯も傾いたりズレたりしています。

 

下の歯は前歯が3本、左右の1番目は揃っていて、左の2番目(向かって右の2番目)が先天的欠損しています。

最近の子供や若者にはあることらしいですが、だいの大人では少ないかもしれませんね。

 

1回目と2回目の抜歯について

 

今回は2回目の抜歯でしたが、画像を見ながらご説明します。

※画像加工が下手で、粗い画像で申し訳ありません。

前回1回目・・・上の歯のを抜きました。1本のみ。

そして今回 2回目・・・上下のを抜きました。

※番号が見えにくくてすみません。

 

 

抜歯後の様子がコチラ↓です。

傷が新しいので、塗りつぶしてあります。

下あごは を抜いただけでも、自分としては並んだ感じがします。

 

 

最終目標

 

↓下の画像が最終目標のシュミレーションです。

 前面 → 上あご → 下あごの順になります。

※これも画質が悪くすみません。

 

下あごの赤丸で囲ったところが、以前 院長先生に

院長イメージ
実際にはこんなに綺麗になりませんよ!

と言われていた部分です。

赤丸のところ→左下(向かって右下)の2番目は先天性欠損。

 

真ん中(正中)を揃えるためには、前歯が4本を作るために 本当は3番目あるべき歯(犬歯?!)を

 

2番目として前歯の数合わせをするとのこと。

 

もともと犬歯ですから前歯よりは大きい歯です。

 

若干 削ったりして調整するそうですが、この シュミレーションのようには、 綺麗に収まらないだろうというのが院長先生の見立て です。

 

実際にはどうなるか やってみないと分からないので、期待と不安が半分半分です。

 

まとめ

 

2回目の抜歯に行きましたので、そのお話と歯列の画像などをお見せしました。

 

これでブラケットをつける準備が終わりました。

 

欠損している時の数合わせの方法は、ネットでしらべても症例が出てきませんでした。

 

この後、治療方針通りにきちんと並ぶかも含め、この記事が”あなた”の参考になれば幸いです。

 

↓歯科矯正のまとめ記事を是非ごらん下さい。

歯のイメージ

歯科矯正 値段・期間・抜歯・医療費控除などまとめブログ

2019年2月21日

 

よく読まれている記事