映画「クマ・エロヒーム」あらすじネタバレ上映館情報

映画

 

映画「クマ・エロヒーム」が池袋シネマ・ロサにて2018年12月22日(土)〜12月28日(金)レイトショー上映されます。

今回は、映画「クマ・エロヒーム」のあらすじネタバレ・口コミ・キャスト・上映映画館についてまとめます。

 

あらすじ

地球とは違う別の惑星、波が激しく打ち寄せる切り立った崖の上にアユム(古矢航之介)は立っていた。

アユムはベビーカーに乗せた赤ん坊の人形を手に取ると、海へと投げ捨てた。

「本当にこの星でみんなが暮らせるようになるの?」

エマ(村上由規乃)がアユムに問いかける。

「それがヤヌーカの方針だから」

アユムとエマは、この星を管理する宗教団体「ヤヌーカの丘」によって、地球から送り出されていた。

「ヤヌーカの丘」では妊娠と出産が激しく推奨されたが、アユムとエマに子供が宿る事はなかった。

二人にとっての子供は赤ん坊の人形。

「もういいんじゃないかな」

エマがアユムに問いかける。

「もう少し続けてみよう」

アユムは言葉を濁すが、子供ができない理由が自分にあるとわかっていた。

アユムとエマは祈る。

クマ・エロヒーム。

「神々よ、立ち上がってください」

 

99年後の地球ではない惑星でストーリーが展開します。

地球とよく似た異星の地。そこでは生と死が管理されていたー。

ふたりは新しい命を産むことを余儀なくされていた。

新世界インディーズ界の異才が放つ壮大なるSF叙事詩。

男女<ふたり>のこころはどこに向かうのか。

 

原作

 

本作品は映画オリジナルストーリーのようです。

原作本や漫画などの原作情報はありませんでした。

 

予告編


地球の代わりにほかの惑星。

国家の代わりに宗教。

子どもの変わりに人形。

あらゆる代替によって築かれた2117年の社会では、当の人間もまた感情豊か、である代わりにオブセッション豊か、に生きざるえない。

100年前を生きている僕らはゾッとしつつ、この美しい映画に癒されもする。

なぜだろう。

もう始まっているからか。

それなら「100年前」なんてキリのいい数字を挙げて未来を眺めるのはやめよう。

今は99年前なのだ。

もう1年過ぎている。

しっかりしよう。

『クマ・エロヒーム』という美しい警句があったこと、愛に代わるものは何もないことを、99年後の若い夫婦たちに伝えるために。

(映画監督 冨永昌敬)

 

引用 https://www.youtube.com/

キャスト

エマ・・・村上由規乃


『赤い玉、』(高橋伴明監督)で主演の奥田瑛二をも唸らせ鮮烈な銀幕デビュー。

PFFアワード2018グランプリ作品『オーファンズ・ブルース』(工藤梨穂監督)でも多くの観客を魅了。

 

アユム・・・古矢航之介

国内はじめ各国の映画祭でも入選を果たした『春みたいだ』(シガヤダイスケ監督)に主演。

スポンサーリンク

口コミ・ネタバレ

相手を徹底的に考え想い、自らをスクリーンの中の人間へと昇華し解き放っている。

本作は、今では使用頻度が少なくなってきた16mmフィルムカメラで撮影が敢行され、約20のロケーションから架空の地が創造された。

 

 

分かりやすい映画より、考えさせられる映画の方が好きだし、新しい価値観を得られる映画の方が好きだ。

ただ、観ている人たちが追いついていけるものか否か、効果的なショットがあるか否か、映画の肝がきちんとあるのか否か、これは一歩間違えるとオナニー映画になってしまう。

セリフが少なく最小限にしているのは良いし、SFの世界観はきちんと現れていたと思うが、もっと準備する時間をかければ良いものができたと思う。

テーマは面白い。

女性にとんでも無いことをしている割に、画が生きてない。頑張って欲しい。

 

上映映画館情報

 

引用www.cinemarosa.net/

池袋西口にある映画館《池袋シネマ・ロサ》

お問い合わせは直接劇場まで【電話】03-3986-3713

東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館

【ホームページ】cinemarosa.net

 

まとめ

今回は、映画「クマ・エロヒーム」のあらすじネタバレ・口コミ・キャスト・上映映画館について調べてまとめました。

『家族のカタチを考えるSF短編』是非映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

よく読まれている記事