パーフェクトワールド第8話あらすじネタバレ何かするのにもう遅いってことある?

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

6月11日、「パーフェクトワールド」の第8話が放送されました。

 

この記事では、「パーフェクトワールド第8話あらすじネタバレ何かするのにもう遅いってことある?」というタイトルでドラマ内容をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド 第8話あらすじ

第8話のあらすじをまとめました。

 

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)、夫婦の夢をどちらもかなえる樹(松坂桃李)の設計プランは2人に笑顔を取り戻した。樹は、正式に高木夫妻が建てる家の設計を請け負うことになり、つぐみ(山本美月)と一緒に仕事をすることに。

一方で、そのことを知り、居ても立ってもいられない葵(中村ゆり)は松本で働くつぐみの元へ向かい、「樹くんと付き合うことになった」とウソをついてけん制する。それを聞いたつぐみは、樹への思いを封印するように、高校時代に描いた思い出の絵を捨てる。樹もまた、つぐみが洋貴(瀬戸康史)と結婚すると知り「幸せになれよ」とエールを送るが……。
建設工事の安全を願う地鎮祭当日、つぐみは元久(松重豊)に、樹と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするが、次の瞬間、強い揺れに襲われ、大きな地震が起きる。幸い、つぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するため、同じく松本にいた樹とは連絡がつかない。心配になったつぐみは、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず、家を飛び出す。
一方、東京で地震のニュースを知った洋貴は、葵と合流して松本へ向かうことに。樹と連絡が取れないつぐみは葵から、樹にとって何より心配なのは排せつができないことによる尿毒症で、最悪の場合、死にいたることもあると聞き、ますます不安が募る…

引用:パーフェクトワールド公式HP

以下がネタバレあらすじです。

地鎮祭の当日、樹と一緒に仕事をしていることをつぐみは父元久(松重豊)に話そうとする。

その瞬間、強い揺れを感じ、大きな地震が起きてしまう。つぐみの実家は被害が少なくて済んだが、松本にいた樹とは連絡がとれない。

つぐみは樹のことがとても心配になり、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず、家を飛び出して探しに向かう。

地震のニュースを知った洋貴は、つぐみにすぐ連絡する。樹と連絡が取れないとつぐみから聞き、葵と一緒に松本へ向かう。

葵が言うには、排せつができないことによる尿毒症にかかる可能性が樹にあるということ、最悪の場合、死に至ることもあると聞き、不安が募るつぐみであった。

つぐみは思い当たる場所を探し、樹が見学したいと言っていた現場に行っているかもしれないと気づく。

現場への道は地震の影響でかなり混雑していたので、タクシーを降り走って現場へ向かう。

山道の途中ころんでも、必死で現場に向かうつぐみ。

やっとのことで到着すると倒れた足場の下敷きになっていた樹を見つけ、急いで助ける。

礼を言う樹に、一人で現場に入るなんてと怒るつぐみ。そして、無事で良かったというつぐみを樹は優しく抱きしめる。つぐみはその手をそれとなく遠ざける。

二人はとりあえず、避難場所へ行き、お茶とおにぎりをもらう。

食べながら、再びどうして一人で現場に行ったのかとつぐみが聞くと、迷惑をかけたくなかったという樹。

結果的に迷惑をかけてしまい申し訳なかったと再び謝る。

被災地では布団がないので、二人は車内で過ごすことに・・・。

一方、現場に向かう葵と洋貴は渋滞に巻き込まれ、車内でさまざまなことを話していた。

葵が本当は樹と付き合っていないこと。つぐみが思い出の絵を捨てたことなど・・。

つぐみと樹はトランプをして楽しい一時を過ごしていた。樹は、足場の下敷きになった時に色々なことを思い出したことをつぐみに話した。そして、つぐみのことを思い出し、もっと生きていたいと思ったとも。

つぐみの笑った顔を又見れて本当に良かったといい、つぐみに手を伸ばそうとするが思いとどまる。

翌朝、洋貴達が到着し、洋貴はつぐみを抱き寄せる。それを樹は複雑な顔で見ていた。

洋貴は車内でつぐみが樹の寝顔をスケッチしたのを知り、樹とつぐみが二人で車内にいたことを知ることになる。

洋貴は、つぐみの実家に泊まる

日常に戻った樹は、松本の案件の担当を変わることに・・・。

その話を春人は、つぐみの妹しおりに話す。

春人は、また、建築士の試験を頑張るために、あめとムチのあめが欲しいとしおりに言うのだった。

結婚式場に行った洋貴とつぐみ。つぐみは、どこか上の空。樹から連絡があったつぐみは、その場を離れ樹と話す。松本の仕事は別の人に引き継ぐと聞き、地鎮祭で会うのが最後になるのねと言うつぐみ。どこか浮かない顔をしているつぐみを見て、とても複雑な思いの洋貴。

地鎮祭のあとのお祝いパーティで美姫が、「何かするのにもう遅いってことある?あるとしたら、死んだあとだけじゃない?」と話すと、どうにかならない未来を考えて物事を決めてしまうのは愚かだったと気付くつぐみ。

樹もまた、帰りの道で、後にしたはずの松本へ引き返していた。
つぐみと樹はみたび再会した。

以上、パーフェクトワールド 第8話のあらすじでした。

 

 

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。 どうぞ!

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月

鮎川 樹:松坂桃李

是枝 洋貴:瀬戸康史

長澤 葵:中村ゆり

雪村 美姫:水沢エレナ

渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)

渡辺 剛:木村祐一

東 美千代:とよた真帆

鮎川 文乃:麻生祐未

川奈 元久:松重豊

川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

SNSの声

 

 

まとめ

「パーフェクトワールド」の第8話が放送されました。

 

この記事では、「パーフェクトワールド第8話あらすじネタバレ何かするのにもう遅いってことある?」という内容をまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事