インハンド第8話あらすじネタバレ感想・キャストや相関図・SNSの声

インハンド
出典:インハンド公式
テレビ

  5月31日、「インハンド」の第8話が放送されました。

この記事では、「インハンド第8話あらすじネタバレ感想・キャストや相関図・SNSの声」についてまとめます。

インハンド 第8話あらすじ

第8話のあらすじをまとめます。

 

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

SM対策室は、社員旅行の帰りに紐倉の研究所を訪れた。

紐倉がSNSで、話題になっている’’呪いのポスター’’に興味を持った。

 

キガシマホールディングスの後継者・園川直継が自殺後に直継が手掛けたポスターに謎の赤い液体が付いていた。

紐倉と高家が、キガシマホールディングスを訪れポスターに付着した赤い液体をこっそり調べると、’’セラチア・マルセッセンス菌が発見される。

セラチア菌は、腸内細菌の一種で常温で保管すると赤くなる特徴がある。

 

牧野は、SM対策室長に直継について調査したいと掛け合うが相手にしてくれず

牧野と紐倉、高家は許可なく直継のマンションを調査した。

 

紐倉は、直継の写真とワンダーリサーチからの封筒を盗む。

そのとき、別の調査で訪れた経済産業省のアドバイザー遠藤と鉢合わせする。

遠藤と紐倉は、大学時代の同期で遠藤は紐倉に対してライバル視している。

牧野と紐倉、高家はSM対策室長に直継の件で怒られる。

 

その時、経済産業省アドバイザー・遠藤が訪れた

遠藤は、ヒトゲノム解析プロジェクト顧問にもなっている。

 

牧野と紐倉、高家は園川務会長に接触を謀るが相手にしてくれない。

遠藤は再びSM対策室を訪れ、直継はうつ状態で通院していたと紐倉達に話す。

 

納得出来ない紐倉だが、直継の自殺動機は分からず、牧野と紐倉、高家は再び園川務会長の元を訪れた。

 

園川務は、直継を次期後継者から外していた。

直継会長は、遺伝的に赤い髪で、メラノコルチン1受容体MC1R遺伝子を持っており、痛みに弱く感受性が豊かでアーティストに向いていた。

 

 

遠藤は再びSM対策室を訪れ紐倉と話す。 

遠藤は園川家のファウンダー遺伝子を調べていた。

園川家のルーツは、現在は無人島になっている鬼の伝説で有名な上之宝島。

鬼の伝説では、鬼の死後生まれてくる子供の髪が赤髪になる現象が起きた。

 

直継は、遠藤に園川家の家系図を提出し調査して欲しいと依頼していた。

調査費用も払っていた。

 

直継は暴力的な祖父にひどい目にあっていた為鬼の血を恐れていた。

そして、直継は会社を継がず結婚もすることなく子供を作ることもなかった。

 

遠藤は、遺伝子調査で直継の祖父と遺伝的に共通していことがあると説明した。

その後、直継はお酒を飲み遠藤の首を絞めてしまう。

その罪悪感から直継は自殺してしまった。

遠藤は直継の自殺を止めれなかったことに後悔しているのだった。

 

そして、再び園川務の元を訪れた紐倉と牧野、高家

園川務に、直継の遺伝子解析を見せ、直継は遺伝的に依存症になりやすく、暴力的になりやすいと説明した。

 

園川務は、先代の社長が鬼の様に暴力的な人物だったことから、直継に幼少期から「鬼に気を付けろ」と育てていた。

園川務に、紐倉は鬼を作ったのは環境と遺伝そして、人の先入観だと説明し、直継も知らなかった、直継の子供の存在を園川務に明かす。

 

直継の息子・歩夢は、絵が得意でコンクールにも選ばれた。

 

その会場で園川務は壇上で話すことになっていた為、歩夢と園川務は初めて顔を会わせることになる

 

園川務は、自分の育て方が間違っていたことに気付き、歩夢に自分が祖父と明かした。

 

一方、遠藤は、鬼の血が世間に知られ歩夢が傷付くことを恐れて、直継の死後、ポスターにセラチア菌を撒いたことを明かした。

 

以上 インハンドの第8話あらすじでした。

 

インハンド  キャスト&相関図

インハンドのキャスト&相関図については、 こちら↓の第1話の記事に記載しています。

インハンド

インハンド第1話あらすじネタバレ・キャストと相関図・感想とSNSの声

2019年4月13日

 

スポンサーリンク

 

インハンド 第9話予告

紐倉(山下智久)の研究所に、ある日突然、高家(濱田岳)の母・良子(宮崎美子)がやって来る。

高家は良子からの話で、昔から恩師として尊敬している医師・陽子(市毛良枝)が入院していることを知る。

高家の地元・相羽村唯一の病院で院長を務める陽子だが、東京に出かけた時に体調を崩してそのまま入院したのだという。

しかも、陽子が入院しているのは高家が懲戒解雇された台田病院だった…。


陽子を見舞うため、紐倉と共に台田病院を訪れた高家。

陽子は原因不明の下痢や嘔吐を繰り返し意識も不明瞭な状態が続いているというが、どういうわけかきちんとした治療が施されていなかった。

しかも担当医は高家に懲戒解雇を言い渡した黒野院長(正名僕蔵)だという。

黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉と共に調査に乗り出す。

一方で、牧野(菜々緒)が働く内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、福山(時任三郎)がCEOを務めるフューチャージーンが進めている“ある計画”の情報を掴んでいた。


牧野らが調べを進めると、福山は意外な人物と密会していることが判明し…。

引用:インハンド公式HP

SNSの声

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

5月31日、「インハンド」の第8話が放送されました。

この記事では、「インハンド第8話あらすじネタバレ感想・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事