パーフェクトワールド第6話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

5月28日、「パーフェクトワールド」の第6話が放送されました。

 

この記事では、「パーフェクトワールド第6話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

パーフェクトワールド 第6話あらすじ

第6話のあらすじをまとめました。

 

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

大切なつぐみ(山本美月)のために、つらい別れを選択した樹(松坂桃李)!
つぐみも東京を離れ、想いを断ち切ろうとする。
それぞれの新たな人生がスタートする!!

「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」——娘の幸せを願う元久(松重豊)の言葉がきっかけで、つぐみ(山本美月)との未来について改めて考えた樹(松坂桃李)。

このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにするどころか、ピンチに駆けつけることもできない。

つぐみのことを大切に思っているからこそ、悩んだ末に樹が出した答えは“別れ”だった…。

樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみに、実家からある知らせが届いていた。

しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸康史)とともに急いで松本へ向かうが、これを機につぐみは、まだ心に残っている樹への想いを断ち切るためにも、仕事を辞めて東京から離れることを決意。

洋貴は、そんなつぐみの胸の内を察しつつも、改めてつぐみへ想いを告げる。

引用:パーフェクトワールド公式HP

以下がネタバレあらすじです。

娘の幸せを願う元久(松重豊)の「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」という言葉により、つぐみ(山本美月)との未来について考えた樹(松坂桃李)は、このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにできないし、いざという時に役に立つことさえできない。

大切なつぐみのことを思ってこそ出した結論、それが別れだった。


つぐみは、樹に別れを告げられたことで気を落とし、自宅に戻ると実家から知らせが届いていた。父が倒れたという知らせだった。

しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸康史)とともに急いで松本へ向かう。

大事には至らなかったが、父は心臓が悪いという事実を知ることになる。

つぐみは、実家に帰ってきていいかと相談し、樹のことを忘れるためにも、仕事を辞めて東京から離れることを決意、会社に辞表を出す。


一方、バスケをしていた樹は、メンバーに最近元気がない、つぐみさんがこなくなったと心配される。

洋貴は、つぐみのことを心配しつつ、改めて自分の思いをつぐみへ伝えるのだった。


つぐみに別れを切り出した樹も、つぐみへの想いを捨てきれずにいた。


上司の渡辺(木村祐一)から、つぐみが東京から去ることを聞く。

このままいかせていいのかと言われた樹は、二度と会えなくなるかもしれないと思い、急いで高速バスの乗り場へ向かった。

つぐみとは結局会えず、洋貴と会ってしまう。

つぐみは行ってしまった、近い将来つぐみにプロポーズするから、つぐみを迷わすようなことはしないでくれと洋貴は言うのだった。


樹は自宅に戻ると、葵がやってくる。

つぐみが仕事を辞めて実家に戻った、俺達は別れたと話す。

葵は突然泣き出し、ずっと貴方が好きだったと樹に言う。

樹は、結婚しているじゃないかと言うと、離婚したことを告白する葵。

結婚すれば樹のことを忘れられると思っていたと言う。


つぐみも樹もお互い相手の連絡先をスマホから削除する。


つぐみは、松本でインテリア関係の仕事を始める。

洋貴はつぐみの実家に行き、つぐみの父と囲碁をしていた。

洋貴は、つぐみに実家以外で会いたいと言われ、東京でミュージカルに誘われる。

帰りに二人で歩いていると洋貴がつぐみの手を握り、プロポーズをする。

つぐみは、洋貴は好きだが、樹と別れた時のことが生々しく残っていると答えるのだった。

別れた理由に納得できていないというとつぐみに洋貴は、黙ってキスをする。その様子をたまたま通りかかった樹が目撃するのだった。


つぐみは、バリアフリーの仕事の依頼を受ける。依頼人は、東京の有名な設計者に仕事を断られたと落胆し、怒っていた。

依頼人の妻と話すことになったつぐみ。

妻は自分のために、ムリをして家を建てようとしている夫の話をするのだった。

依頼人である夫から見せられた雑誌には、樹が載っていてつぐみは驚く。

樹は、葵につぐみの現在を話す。樹がつぐみを守りたかったから別れたのだということを知る。

つぐみが父と病院に行くと、バリアフリーの依頼をしてきたクライアントと偶然に会う。

病室に妻を見舞うが、行方が分からなくなってしまう。

夫と一緒に探すと、土手に妻が一人でいた。妻は病気を苦にして今にも川に飛び込もうとしていた。

病気の妻の人生・幸せが自分の人生であり、幸せという夫。

病気の自分のために、夫を犠牲にしてはいけないと思う妻。

二人を見ていてつぐみは、以前の樹と自分の姿を重ね合わせるのだった。

 

最後のシーンで、つぐみは、樹の事務所を訪ねるのだった・・・。つづく

以上、パーフェクトワールド 第6話のあらすじでした。

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。 どうぞ!

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月

鮎川 樹:松坂桃李

是枝 洋貴:瀬戸康史

長澤 葵:中村ゆり

雪村 美姫:水沢エレナ

渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)

渡辺 剛:木村祐一

東 美千代:とよた真帆

鮎川 文乃:麻生祐未

川奈 元久:松重豊

川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

パーフェクトワールド 第7話予告

会うはずのない樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)、運命が二人を引き合わす!?
焦りを感じた洋貴(瀬戸康史)は、つぐみにプロポーズの返事を急かす。つぐみが出した答えとは?
さらに、想いを打ち明けた葵に樹は…?

松本に戻って3カ月、つぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らし、父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。

そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみを東京でのデートに誘い、ついにプロポーズ!つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとするが、そんな2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見ていた。

そんなある日、つぐみは、東京の樹の元へ。久々に会った樹とつぐみの間には、気まずい空気が流れるが、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいと、頼み込む。

実は圭吾は、完全バリアフリーの家を建てようと考えていて、樹に相談するものの、断られていたのだ。

一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいた。それどころか、自分では圭吾を幸せにできないと苦しんでいて、その姿につぐみは樹の言葉を思い出していたのだった。

つぐみから高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。

それを聞いてつぐみはホッとするものの、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。

しかし実は、洋貴は樹からの連絡で、2人の再会を知っていた。

つぐみと樹の切っても切れない関係に焦りを感じた洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまう。

それに対し、つぐみは…?

後日、樹は高木夫妻に会いに行くものの、突然、楓が「会いたくない」と言い出す。

圭吾に頼んで何とか2人だけで話をする時間をもらった樹は、「なぜ主人の依頼を引き受けることにしたんですか?」と楓に聞かれて…?

一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)は、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て、顔をこわばらせていくが、それを察知した樹は…?

  出典:パーフェクトワールド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

「パーフェクトワールド」の第6話が放送されました。

 

この記事では、「パーフェクトワールド第6話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事