わたし、定時で帰ります。第6話あらすじネタバレ晃太郎が巧に結衣を好きだと宣言

出典:わたし定時でかえります公式HP
テレビ

 

5月21日、「わたし、定時で帰ります。」の第6話が放送されました。

 

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第6話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

わたし定時で帰ります。 第6話あらすじ

第5話のあらすじと感想です。

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。

そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。

一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。

そこに、偶然晃太郎がやってきて…。

引用:わたし、定時で帰ります。公式HP

わたし、定時で帰ります。 第6話感想

 

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。

昔の同僚で、ライバル会社ベイシックオンの大貫と共同経営者として独立するというものだった。

 

新規の美容室のサイト作成の依頼が入り、晃太郎と結衣、来栖(泉澤祐希)で打ち合わせをするが、来栖がディレクターを担当したいと申し出て、晃太郎も了承するのだった。

 

珍しく定時に帰る晃太郎。結衣は晃太郎の独立の動向が気になるのだった。

 

かつての同僚に、独立を誘われる晃太郎だが、回答を保留する。

 

翌日、来栖はまるで、晃太郎のような服装で出社する。ディレクターデビューをするため、晃太郎を意識する来栖だが、キャッチコピーの選定や写真の撮影方法、美容業界の動向など知識がなくから回りするのだった。

 

一方、福永(ユースケ・サンタマリア)に飲みに誘われる康太郎、そこへは、ベイシックオンの大貫も呼ばれていた。

独立を見透かされていると感じる康太郎と大貫。

 

結衣と巧は、家賃20万のマンションに引っ越すのだった。

巧も康太郎の独立の噂を知っていた。

 

久しぶりに実家に帰る康太郎。結衣に情報提供をしている愁(桜田通)は、康太郎の弟だった・・。

愁は1年もの間、引きこもっていたのだった。愁に大貫から紹介してもらった就職先を勧めるが、愁は反発し、口論になってしまう。

「康にいはボクの気持ちをわかっていない」と言い、過呼吸を起こしてしまう。

 

翌日、愁のSNSの書き込みを見つける結衣。康太郎と口論になったことを知ってしまう。

 

一方、美容室の担当にコンセプトをプレゼンする来栖だが・・・担当と意見がぶつかってしまう。

康太郎の助け舟で、プレゼンは順調に進むが、来栖の存在は無視されてしまう。

プレゼン後、クライアントに悪態をつく来栖。康太郎が説教したことで、来栖が衝突してしまう。

 

愁とのことでイライラしてるのかと康太郎に尋ねる結衣。康太郎は、愁と結衣が連絡を取っていることを知り動揺する。

 

翌日、来栖はディレクターとしてミーティングを仕切ろうとするが、スタッフは康太郎を頼って話がすすむ。

来栖は、種田に切れて、悪態をついてしまい、康太郎はオフィスを出て行ってしまう。

来栖に「わたしたちは敵じゃない。チームなんだよ。」と諭す結衣。

 

康太郎は、悩んだとき草野球を見にいくと愁から聞いていた結衣は、康太郎を草野球場で見つける。

康太郎の悪いところを挙げ連ねる結衣。

傷つくだろうが、という康太郎に「もっと本音をだして、気楽にやったら」と言うのだった。

 

翌日、康太郎に謝罪する来栖。

康太郎は、「ボロクソに言われたのははじめてだが、言われないとわからないから・・」と来栖を許すのだった。

 

昼食で一緒になる康太郎と結衣。康太郎は独立しないと告げるのだった。

 

一方、福永は赤字覚悟の仕事を受注していた・・・。

 

結衣は巧を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をするが、そこへ康太郎が現れる。

康太郎に「独立をけった理由は結衣か」と尋ねる巧。

康太郎は結衣を「今でも好きです」と言い放つのだった・・・。

以上 わたし、定時で帰ります。の第6話あらすじと感想でした。

第7話予告の様子をみると・・康太郎が結衣を「今でも好き」といったセリフは、酔っ払ったからということで片付けられそうな予感です!

 

第7話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

わたし、定時で帰ります。 キャスト相関図

わたし定時でかえります相関図

出典:わたし定時でかえります公式HP

わたし、定時で帰ります。 第7話予告

 
酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。
 

声もでず、固まっている二人をよそに、晃太郎は突然その場で寝始める…。
 
その日の帰り道、結衣に突然実家の父から「お母さんが家出した」と連絡が入る――。

一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。
 

出典:わたし、定時で帰ります。公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

更新予定 更新予定 更新予定

まとめ

  5月21日、「わたし、定時で帰ります。」の第6話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第6話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事