パーフェクトワールド第5話あらすじネタバレ空洞症とは?

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

5月21日、「パーフェクトワールド」の第5話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第5話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

パーフェクトワールド 第5話あらすじ

第5話のあらすじをまとめました。

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

つぐみ(山本美月)が駅のホームから転落した。車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹(松坂桃李)は、一緒にいたのに助けられなかったと、激しく自分を責める。

さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事のかたわら、介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ、がく然とする。


しばらくすると、元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)が、入院することになったつぐみの元に駆けつける。

まな娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に追い打ちをかけるように、ものすごいけんまくで樹を責める。

その言葉に、頭を下げて謝罪することしかできない樹を、葵(中村ゆり)や渡辺(木村祐一)は心配する。

翌日、つぐみがしばらく仕事を休み両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、つぐみに会うために病院を訪れ、元久と偶然再会。

つぐみの幸せを願う元久が、樹にあることを伝え…。

引用:パーフェクトワールド公式HP

以下がネタバレあらすじです。

 

忙しくしていたつぐみ(山本美月)は、疲れがたまり、ふらつき駅のホームから転落してしまう。

樹(松坂桃李)は、つぐみに手を伸ばそうとするが、車いすからその手はつぐみに届かなかった。

左足を骨折したものの、一命はとりとめたつぐみ。

線路に落ちていくつぐみを見ていることしかできなかった樹は、自分で助けられなかったことに激しく自分を責めてしまう。

洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事をしながら、介護セミナーに通ったり、毎日樹の身の回りの世話をするためにマンションに通っていたことで、疲れがたまっていたことを聞かされることで、さらにがく然としてしまう。


松本から元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)もつぐみの元に駆けつける。

自分の娘の命が危険にさらされたことに憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に追い打ちをかけるように、線路に落ちるなんて尋常じゃないとものすごい剣幕で樹を責め立てる。

そして、今日はもう帰ってくれと追い払う。

樹は、ただただ頭を下げて謝罪することしかできないでいた。

葵(中村ゆり)と渡辺(木村祐一)はそれを見て心配する。

樹は自分はどうしていいか分からないと渡辺に言う。


樹の状態を見て、毎日樹の家に通うと葵は樹に言う。

つぐみは樹に連絡をするが、出たのは葵であった。

つぐみは、驚いてスマホを切り、葵は、樹のスマホのつぐみからの履歴を消すのだった。


つぐみはしばらく仕事を休み、実家の松本の病院で治療に専念することになる。

樹は、転院する前に一度、つぐみと話をしたいと考え、つぐみのいる病院を訪れる。

そこで、樹は元久と偶然再会し、2人で話をすることになる。

つぐみの幸せを願う元久と、もう一度つぐみと話をしたいと言う樹。

元久は、つぐみが小さい頃は体が弱かったという話をし、つぐみと別れて欲しいと頭を下げる。樹は止めて下さいと言う。

自分は心臓が悪くてつぐみを守ってやれない、命より大切な娘であり、障害者を支えていける程強くないと言う。

その後、樹はつぐみに連絡する。松本の帰るというつぐみに見送りにいくという樹。

翌日つぐみを見送るために車にのった樹は、車に乗って発進しようとした時に気を失ってしまうが、葵が発見する。見送りにこない樹につぐみはがっかりする。

意識が戻った樹は、これから体が動かなくなったらと考えると不安になり、かなり取り乱してしまう。一方、実家に戻ったつぐみは、父と樹のことで言い合いになる。母は、つぐみが心配だと言う。

歩いていると同級生に合い、同級生が樹に連絡を取ると入院していることを知ったつぐみは、樹が心配になり東京に戻るという。

元久はいいかげんにしないかとつぐみに怒鳴る。

洋貴とつぐみは東京に戻るが、樹は熱を出して寝ていた。

熱を下げるために摘便をすることになり、つぐみは樹から病室から出てくれと言われる。

葵からは、私も樹君が好き、彼を支えていく自信がある、あなたより役に立つ自信があると言われてしまうつぐみ。

洋貴からは、付き合う程に不幸になっているのではと言われてしまい、つぐみは泣きながらほっておいて欲しいと言う。洋貴がつぐみをおんぶしているのを病院の窓から樹が見ていた。

MRIの結果、手のしびれはストレスからくるものだと判明した樹は、つぐみに連絡し、足が治ったらデートをしようと約束する。

デート当日、二人はとても楽しむ。終盤、歩けていた頃に戻りたいという樹。そして、つぐみといると楽しいが、つぐみに何もしてやれないので悔しいとつぐみを抱き寄せる。お前のことを不幸にしているが、かけがえのない人だ、今までありがとう、俺達終わりにしようという。つぐみは泣きじゃくる。

以上、パーフェクトワールド 第5話のあらすじでした。

空洞症とは?

 

以下、主にウィキペディアからです。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)とは、脊髄の中に液体のたまった空洞ができることによる、脊髄の機能障害のことである。


脳脊髄液の貯留した空洞が脊髄を内側から圧迫するため、様々な神経症状や全身症状をきたす。


原因は不明である。空洞は主に脊髄灰白質に発生し、徐々に周囲に拡大していく。

・キアリ奇形によるもの
この奇形により脊髄に空洞ができる成因は不明である。

・癒着性くも膜炎によるもの
脳脊髄液通過部位が、炎症等で閉塞することによる。

・脊髄腫瘍によるもの
脊髄出血後のもの

<症状>

・腕や手の痛みやけいれん・麻痺
・一側上肢の脱力


初期に大多数が片側性の宙吊型温痛覚障害を呈する。

一側上肢の脱力と共に徐々に筋萎縮が進行する。

この際、患側上肢の温痛覚低下を伴うことが多い。



<治療 >

・キアリ奇形が原因のものであれば、大後頭孔減圧術が第一選択となる。

・キアリ奇形が原因であっても大後頭孔減圧術が無効な症例では空洞-くも膜下腔シャント術(syrinx-subarachnoid shunt; S-S shunt)を考慮する。

・外傷や感染後の癒着性くも膜炎が原因の場合は、癒着の範囲が広くなければ癒着剥離術や空洞-くも膜下腔シャント術を考慮する。

・一般的に癒着性くも膜炎が原因の脊髄空洞症は難治であることが多い。

・外科的手術の適応が乏しいと判断される場合は、しびれや痛みに対する内服薬などの対症療法が選択されることが多い。

・近年、脊髄空洞症とキアリ奇形の治療として、脊髄下端部の終糸を切離する終糸切離術が有効との見方が注目されている。

引用:ウィキペディア

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。 どうぞ!

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月 鮎川 樹:松坂桃李是枝 洋貴:瀬戸康史 長澤 葵:中村ゆり 雪村 美姫:水沢エレナ渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 渡辺 剛:木村祐一 東 美千代:とよた真帆鮎川 文乃:麻生祐未 川奈 元久:松重豊 川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

パーフェクトワールド 第6話予告

大切なつぐみ(山本美月)のために、つらい別れを選択した樹(松坂桃李)!
つぐみも東京を離れ、想いを断ち切ろうとする。
それぞれの新たな人生がスタートする!!

「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」——娘の幸せを願う元久(松重豊)の言葉がきっかけで、つぐみ(山本美月)との未来について改めて考えた樹(松坂桃李)。

このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにするどころか、ピンチに駆けつけることもできない。

つぐみのことを大切に思っているからこそ、悩んだ末に樹が出した答えは“別れ”だった…。

樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみに、実家からある知らせが届いていた。

しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸康史)とともに急いで松本へ向かうが、これを機につぐみは、まだ心に残っている樹への想いを断ち切るためにも、仕事を辞めて東京から離れることを決意。

洋貴は、そんなつぐみの胸の内を察しつつも、改めてつぐみへ想いを告げる。

出典:パーフェクトワールド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

「パーフェクトワールド」の第5話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第5話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事