インハンド第6話あらすじネタバレ幻肢痛とは?(パーフェクトワールドと共通ワード)

インハンド
出典:インハンド公式
テレビ

 

5月17日、「インハンド」の第6話が放送されました。

 

この記事では、「インハンド第6話あらすじネタバレ感想・キャストや相関図・SNSの声」についてまとめます。  

 

インハンド 第6話あらすじ

第6話のあらすじをまとめます。  

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

紐倉は正式に、SM対策室のアドバイザーとなり、牧野と紐倉、高家はSM対策室に挨拶をしに行くことに。

しかし、相変わらず無愛想な紐倉は、挨拶もまともにしないのだった・・。

SM対策室の正式なアドバイザーになって、初めての案件は、男子陸上選手10000メートル金メダル候補・野桐俊選手のドーピング調査だった。

 

野桐選手には、国民栄誉賞を授与される予定だが、その前に身辺調査という名目で調査を行う。

牧野と紐倉、高家は野桐選手が練習を行っている競技場へと向かい紐倉は、野桐選手を観察した。

野桐選手は、雄叫びを上げたり喜びのダンスをルーティンとして行っていることに気付いた紐倉は、野桐選手に近付き細かくルーティンを見始めた。

そして、大胆にも紐倉は「ドーピングしているのか?」と野桐選手に尋ねた。
野桐選手は、否定したが紐倉は、野桐選手の自宅も見たいと押し掛けた。

野桐選手の自宅には、2個ずつ物が置いてあり変わった様子はない。
野桐選手に血液検査、尿検査を行ったがドーピングは白だった。

 

SM対策室に戻ると、スポーツ庁から野桐選手に対する調査は中止だといわれたが、紐倉は調査を続けるのだった。

紐倉は、過去の野桐のルーティン映像を確認したところ野桐選手は、強迫性障害によるルーティンの正確さが見られるのだった。

ルーティンの僅かな変化は、2年前に行き付けのクリニックから、深谷クリニックに変更し、スポーツ性貧血の治療を始めたあたりから始まっていた。

紐倉と高家は、長野で高地トレーニングをしている野桐選手の元を訪れた。

野桐選手のルーティン1つ1つに、科学的根拠があり、摂取する全てのものをメモしていた。

野桐選手のルーティンの始まりは、景色と音楽だった。

 

桐野選手の調査の結果、遺伝子ドーピングをしていると推測する紐倉。

遺伝子ドーピングは、ドーピング検査での検知が難しい。

遺伝子ドーピングが原因で、クリスパーキャスナインに反応してルーティンが変化した。

桐野選手の異常な水分摂取は、遺伝子ドーピングによる血液ドロドロを防ぐ為に飲んでいた。

牧野は個人的に調査を行い、東野コーチと深谷クリニックの間に異常な金銭の授受を確認する。


牧野と紐倉、高家は深谷クリニックを調査するが何も出てこなかった。

牧野と紐倉、高家は野桐選手の実家を訪れると、国立がんセンターから野桐選手の父親宛に手紙が来ていた。

 

野桐選手の陸上大会に紐倉と高家は訪れる。

ウォーミングアップ中の桐野選手に

【遺伝子ドーピングによる副作用で、オフターゲット効果がおこり、リンパ系に悪性リンパ腫が出来たことでルーティンまでも変化させた】

と告げるのだった。

野桐選手は、HLA適合検査を父親が受けたが適合しなかった為、今回の陸上大会で最後にすると競技に向かったがレース中に脚がもつれ倒れた。

報道によると、意識不明の重体。

桐野の愛読書、カモメのジョナサンに
「彼にとってスピードは力だった。スピードは喜びだった。そしてそれは純粋な美ですらあったのだ」桐野は始めから走る覚悟があった。と紐倉が説明した。


シーンの最後に、牧野には娘がいることが判明した。

 

 

以上 インハンドの第6話あらすじでした。

幻肢痛とは?

くしくも、2019春ドラマ「パーフェクトワールド」にも幻肢痛というワードが出てきましたので、調べてみました。

以下、主にウィキペディアからです。


幻肢痛(げんしつう、英: Phantom Pain)は、怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する、難治性の疼痛。
心身症に該当する。ファントムペインともいう。

<症状>
四肢を切断した患者のあるはずもない手や足が痛みだす。
例えば足を切断したにもかかわらず、爪先に痛みを感じるといった状態を指す。
あるはずのない手の先端があるように感じる、すなわち幻肢の派生症状である。

<原因 >
詳しい原因は判っていない。
脳内にある体の各部位に対応するマップが、その部位を失ったにもかかわらず更新されないことが影響しているのではないか、という説がある。
電流を流した万力で潰されるような痛みがあるという。

<治療 >
痛みを感じているはずの部位は実際には失われているため、痛み止めの薬や麻酔などは当然のごとく効果がない。
内部に鏡の仕切りがある箱に失っていない手を入れ、鏡を覗き込みながら(つまり失った四肢の側を鏡で隠しながら存在する四肢を鏡に映して見る)「グー・パー」などと動かすことで痛みが消える、または緩和する、という治療法がある。
この療法は鏡療法、鏡治療、ミラーセラピーなどと呼ばれる。
ただし、この治療法の効果には個人差があり、決定的な治療法は見つかっていない。

引用:ウィキペディア

 

インハンド  キャスト&相関図

インハンドのキャスト&相関図については、 こちら↓の第1話の記事に記載しています。

インハンド

インハンド第1話あらすじネタバレ・キャストと相関図・感想とSNSの声

2019年4月13日

スポンサーリンク

 

 

インハンド 第7話予告

牧野(菜々緒)に娘がいることを知った紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)は、入院している牧野の娘・美香(吉澤梨里花)のお見舞いに来ていた。

生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院している美香。

PIDの有効な治療法は骨髄移植しかないが、ドナー提供者も見つかっておらず、母親の牧野とも一致しなかったという。

そして、美香の父親で牧野の夫・賢一(永岡卓也)はすでに他界していた…。

牧野は紐倉に、美香のためにPIDの治療法を見つけてほしいとお願いする。

珍しくすんなり引き受けた紐倉だったが、それは牧野がやろうとしている“あること”に気づいたからだった。


紐倉はPIDの研究を始めるため、元上司の福山(時任三郎)に協力を仰ぐが…。

引用:インハンド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

5月17日、「インハンド」の第6話が放送されました。

この記事では、「インハンド第6話あらすじネタバレ感想・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事