集団左遷 第5話あらすじネタバレ三嶋食品(赤井英和)が融資詐欺!半沢直樹っぽい展開に!支店間で融資金利違うってあり?!

集団左遷
出典:集団左遷公式HP
テレビ

 

5月19日、「集団左遷」の第5話放送日です。   この記事では、「集団左遷 第5話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

集団左遷 第5話あらすじ

第5話のあらすじと感想です。

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。


「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はたくさんの客で賑わっていた。

三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはあとわずかとなる。

しかし、融資が決まりそうだった顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生する。

嫌な予感がした片岡(福山雅治)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)がいた…

引用:公式ホームページ

集団左遷 第5話ネタバレ感想

5月19日感想を更新。

 

三嶋食品の三嶋(赤井英和)から打診されていた20億円の融資が成立すれば、100億のノルマまで、残り5億まで迫り、活気づく蒲田支店。

 

しかし、支店統括部部長の宿利(酒向芳)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖)は、三嶋に蒲田支店の1.8%より、0.4%低い1.4%の金利を提示して融資を奪おうとします。

それでも、三嶋は片岡(福山雅治)を信頼しているので、蒲田支店から融資を受けようとしますが、羽田支店の鷹谷支店長から取引先を紹介され、蒲田支店か羽田支店か、次第に迷い始めます。

片岡は、高い金利で三嶋に融資することは出来ないと考え、真山(香川照之)の助言もあって、羽田支店から融資を受けるように三嶋に勧めます。

片岡の誠実な対応に心を打たれた三嶋は、宿利と鷹谷を呼び出し、「三友銀行は、1.4%で融資する」という覚書(おぼえがき)を書かせます。

覚書を受け取ると三嶋は宿利と鷹谷に「やはり、融資は蒲田支店で受ける」と告げるのでした。

覚書には、「羽田支店から融資する」とは書いてないんですね。

ここまでは、無事20億の融資を実行できて、めでたしめでたしでした・・。

 

が、終わりのシーンでは、融資を受けた三嶋が行方をくらませます。

調べてみると自社ビルを購入する話は進んでおらず、三嶋は街金から1億4000万の借金があることが分かりました。

20億の融資金をだまし取った、融資詐欺だったのです。

宿利に覚書を書かせたのも、詳しい審査を逃れる意味がありました。

第6話では、三嶋を捕まえて、融資金を回収する流れになるのでしょうか?!

 

 

以上 集団左遷の第5話あらすじと感想でした。  

第6話以降も記事にしていく予定です!

銀行支店で融資金利が違う?!

 

以前は同銀行の場合、顧客は最寄の支店と取引をすることになるため、支店間で顧客を奪い合うことはなかったようです。

しかし、最近は同銀行内でも、最寄支店同士が、条件を提示して顧客を争うことはある様子で、支店や担当者の裁量で、金利や融資金額が違うことも見られるようです。

調べたところ、同一銀行内でも、支店の格付けがA~Eまであり、Cくらいの支店がノルマもありつつ、金利や金額の融通が効くと書いてありました。

 

 

スポンサーリンク

 

集団左遷 キャスト相関図

集団左遷相関図

出典:集団左遷公式HP

集団左遷 第6話予告

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえ、20億の融資詐欺はなんとか免れることが出来た。

胸をなでおろす片岡(福山雅治)たち。

しかし、横山常務(三上博史)は「目標の100億円に一円でも届かなければ廃店は断行する」と厳しい態度を崩そうとはしない。

廃店を阻止すべく、一丸となって突き進んできた蒲田支店。ついに廃店か存続か、ジャッジが下る――!

支店vs本部の最終決戦、奇跡の下克上なるか!?
 
 
引用:集団左遷 公式HP
 
 

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

 

5月19日、「集団左遷」の第5話が放送されました。

この記事では、「集団左遷 第5話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事