ストロベリーナイト・サーガ今井悠貴の演技に注目第6話あらすじネタバレ感想

出典:ストロベリーナイトサーガ公式HP
テレビ

 

5月16日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第6話が放送されました。

 

この記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第6話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

ストロベリーナイト・サーガ第6話あらすじ

今泉春男(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。

被害者は三人。

計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。

というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。

事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。


容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美(黒沢あすか)は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。

二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。

峰岡と同様に二人は容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。

その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。


葉山は真剣な表情で「小野彩香を当たらせて欲しい」と姫川玲子(二階堂ふみ)に懇願する。

ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可。事件解明に向け、それぞれの捜査が動き出す。

引用:ストロベリーナイトサーガ公式HP

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

ストロベリーナイト・サーガ キャスト 相関図

キャスト・相関図は↓こちらの記事で紹介しています。

ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじネタバレ感想 大塚刑事(重岡大毅)殉職・北見(坂東龍太)が犯人

2019年4月12日

 

スポンサーリンク

 

ストロベリーナイト・サーガ 第6話感想

第6話は、通り魔殺人についての話です。

刃物を持った若い男性(今井悠貴)が峰岡里美(黒沢あすか)を路上で襲って刺してしまうのですが、峰岡里美はなんとか一命をとりとめます。

ただ、周りにいた通行人の男女<菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)>がそのやりとりに巻き込まれて、菅沼は首を切られて出血死してしまいます。

小野彩香の方は軽傷であったものの、心に傷を負ってしまいます。

姫川班としては、事件当初の状況を確認したいのですが、そのような状況で、小野彩香に聞き込みができないまま捜査は動き出します。

一命をとりとめた峰岡里美についても、意識が戻るもののまだ喋れる状態ではなく、姫川と菊田は病室で聞き込みをするも質問のみとなります。

質問に対して、目を閉じる、長く閉じるではいといいえを教えてくださいと。聞き込みの中で、あいまいな部分はあるものの、どうやら、犯人とは顔見知りではないかと姫川は推測します。

一方で、小野彩香についても、警察と関わるのを拒否続けている中で、葉山則之(葉山奨之)が辛抱強く、話を聞かせてほしいと説得します。

自身にも同じような過去があり、そのときにどうすることもできなかったことが悔しくで、自分が情けなくて、そんな自分を変えたくて刑事になったと、小野彩香のアパートの玄関のドア越しに、そんな思いを語ります。

その言葉が響いて、聞き込みに協力してくれることになります。

小野彩香の話によると、犯人の男は、犯行当時とても悲しそうな目をしており、誰かに謝れと被害者に叫んでいたとの事。

そんな中、平行して捜査をしていた姫川と菊田は、被害者がもともと住んでいた家を突き止め、捜査を行います。そこで、なんと白骨化した子供の遺体を発見するんですね。。。

事件の真相はこうです。

峰岡里美は昔、子供が二人いて、しかし、不倫であったこともあって、父親はめんどうを見てくれず、かといってお金もない、本人は生きるのに精一杯の中で、子供の育児はほぼできない状態が続きます。

ただ、兄弟は非常に仲がよく、ボロアパートに住んでいても楽しくゲームをして過ごしていました。

ところが、ある日、弟が朝起きたら突然亡くなっていたんですね。

それこそ眠るように。母親は夜の仕事をしていて、朝方家に帰って、それに気づきます。

そして、兄を激しく責め立てます。お前のせいで弟は死んだと。

その後に、兄を公園に連れていき、ここで待っているように言い聞かせ、そのままいなくなってしまいます。

捨てられたと理解した兄がその後、どのような暮らしをしたかは、ドラマでは明らかになっていませんが、18才になる今日まで生き、最近になって母親と再会するのです。

ずっと弟のことで苦しんでいた兄は再会した母親に、弟の事を話すもそんなことは忘れた、お前の顔なんて二度と見たくない、と冷たい返事が返ってきて、殺意が芽生え、犯行に及んだのです。

これが事件の真相です。

兄が犯行に及んだ若い男性、峰岡重樹(今井悠貴)だったのです。

自殺しようとして、結局、死に切れず、事件の真相を語ってくれた峰岡重樹は、罪を償うと涙します。

犯人の罪を許せないものであるものの、その原因を作ったのは母親であった。

母親にしても生きるのに本当に精一杯だった。

飲み会の席で姫川は、今回の事件について、複雑な思いを菊川に話すのでした。

 

今井悠貴くんの演技が上手かったですね。

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

ツイッター上の感想でも、今井悠貴くんの演技についてのコメントが多く見られました。

今井悠貴くんは、前クール話題だった3年A組に出演していましたね。

最近は、3年A組出演俳優の活躍が話題です。

3年A組 あらすじネタバレ・キャスト・口コミ今後の展開は?

2019年1月6日

 

まとめ

5月16日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第6話が放送されました。

の記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第6話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事