わたし、定時で帰ります。第5話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声

出典:わたし定時でかえります公式HP
テレビ

 

5月14日、「わたし、定時で帰ります。」の第5話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第5話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

わたし、定時で帰ります。 第5話あらすじ

第5話のあらすじと感想です。  

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

ある日ランダー社から緊急の要件だと呼び出される制作4部のメンバー。

先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣(吉高由里子)たちであったが、「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、桜宮との関係を不信に思う…。


数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。


その話を聞いて憤慨する結衣はランダーへ打ち合わせに向かうが――。

引用:わたし、定時で帰ります。公式HP

わたし、定時で帰ります。 第5話感想

 

今回はセクハラを絡めた話です。

女性は特に働く上で、何かとめんどうな事が多いですもんね。

ランダー社との仕事を進めていく中で、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)はランダーのメンバーに気に入られて、交渉の窓口になっています。

ただ、体育会系のランダーにセクハラされているのではないかという疑惑が浮上するんですね。

晃太郎(向井理)と結衣(吉高由里子)はその疑惑を確認するために、ランダー社に出向いてそのようなことはなかったかと問い詰めます。

明らかに不機嫌そうな態度をとるランダー社の中西(大澄賢也)は、スマホにとったこないだの飲み会の動画を2人に見せます。

その動画では、桜宮が楽しそうに場を盛り上げている様子が写っており、これがセクハラですか?と逆に詰め寄られてしまいます。。。

仕事が終わって、ランダーの飲み会に参加して、ご機嫌とりをしていた、そのように見えた桜宮に結衣は納得いかず、桜宮にどういう気持ちで仕事をしているのかと話を聞きにいきます。

そこで彼女は、気を持たすていどに留めている。

その方が仕事がしやすいと答えます。

彼女なりの効率的な仕事のやり方を考えた上での行動だと。

その言葉に納得ができない結衣でありながらも自分にはできないその仕事のやり方を一方的に責めることはなく、仕事を続けていきます。

ただ、一方で桜宮の方はランダー社員の絡みがエスカレートしていって、ランニングに誘われた際に、かなりきわどいウェアを試着して一緒に走ってほしいと要望されます。

自分の状況に情けなく思いながらも断ることもできずにその頼みを聞いてしまう桜宮でした。

そのことを聞いて、女性をバカにしていると激怒した結衣はランダー社に直訴しにいくのですが、相手の威圧にしり込みしてしまいます。

遅れて、副部長の晃太郎もその場に現れるのですが、結衣が失礼な態度をして大変申し訳なかったと謝罪からスタートします。

ランダー側の肩を持つ晃太郎に立腹する結衣なのですが、実は、結衣だけに見えるようにノートPCのメモを示します。

メモの内容は、晃太郎に話しかける形で、ランダーを責めろというものでした。

少しとまどいながらも言われた通り、晃太郎と口論する結衣。

やり取りを聞いて、案の定、ランダー社の中西はキレてしまいます。

そして、あんたたちとの契約は切ると言い放ちます。

すると、さっきまで、ヘコヘコしていた晃太郎が突然あっさりとそれでかまいませんと承諾し、会議は終了します。

実は、はじめからランダー社との仕事は続けるべきではないと判断しており、相手がキレるように持って行ったんですね。

その後、タイミングよくランダー社は、その古い体育会系と、セクハラ体質について、週刊誌で叩かれるのでした。

頑張っていた案件が結局頓挫してしまった桜宮ですが、実際のところ安堵した様子。

ただ、自分の仕事の仕方について疑問に思いながらもデザイナーとしての才能もない私にとって、こういうやり方しかできなかったと結衣の前で涙するのでした。

今回も、実際の職場アルアルな感じだったと思います。どういう働き方が正しいのか。

答えはないのかもしれませんが、考えさせられました。

以上 わたし、定時で帰ります。の第5話あらすじと感想でした。  

第6話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

わたし、定時で帰ります。 キャスト相関図

わたし定時でかえります相関図

出典:わたし定時でかえります公式HP

わたし、定時で帰ります。 第6話予告

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。

そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。

一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。

そこに、偶然晃太郎がやってきて…。

出典:わたし、定時で帰ります。公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

 

5月14日、「わたし、定時で帰ります。」の第5話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第5話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事