ストロベリーナイト・サーガ第5話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声

出典:ストロベリーナイトサーガ公式HP
テレビ

 

5月9日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第5話が放送されました。

この記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第5話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

ストロベリーナイト・サーガ第5話あらすじ

板橋区のアパートで50代男性の死体が見つかった。

死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。

現場に駆けつけた姫川玲子(二階堂ふみ)たちに高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)が状況を説明する。

殺害されたのはこのアパートの住人、吉原秀一(小林隆)。

指紋が拭き取られた凶器の包丁はこの部屋のものと思われた。

死体の傍にある、“ある印”に気づいた姫川に、相楽は吉原の持ち物と思われる折りたたみ式携帯電話を見せる。

相楽によると携帯には入力途中の番号「0456666*」が表示されていたという。

また、姫川は部屋の中にマジック関連の書籍やグッズが多数あることに気付く。

事実、相楽は吉原の職業がマジシャンだったことを報告する。

高島平南署に捜査本部が立ち上がり、姫川たちは吉原の携帯電話に登録されていた人物から聞き込みを始める。

すると、登録リストの中に驚くべき名前を発見する。

なんと、警視庁捜査一課の勝俣健作(江口洋介)の名前が入っていたのだ。

姫川は勝俣に尋ねるが、知らぬ存ぜずの一点張り。

姫川はこの件を今泉春男係長(山口馬木也)に報告。

今泉は「勝俣の件は俺が引き取る」と言い、姫川は他の知人や友人に聞き込みを開始する。


引用:ストロベリーナイトサーガ公式HP

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

ストロベリーナイト・サーガ キャスト 相関図

キャスト・相関図は↓こちらの記事で紹介しています。

ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじネタバレ感想 大塚刑事(重岡大毅)殉職・北見(坂東龍太)が犯人

2019年4月12日
 

 

スポンサーリンク

 

ストロベリーナイト・サーガ 第5話感想

 

第5話は、マジシャンが殺された件の捜査がメインになっています。

1人のしがないマジシャンが殺されたというので、現場に姫川班がいくのですが、そこには被害者のものと思われるイマドキめずらしいガラケーが見つかります。

このガラケーに電話番号が途中まで入力されている痕跡があるのと、また登録されている情報から、今回の事件の捜査をすすめていくのですが、とても穏やかで慎ましい被害者の人間性が明らかになっていきます。


そして、興味深いのは、被害者を知っている人間から彼は、マジシャンではなく、超能力者だったという意見がちらほらと聞こえてくることです。

そんなものはこの世に存在しない。

物事には必ず、原因があって結果が存在する。

タネは必ずあるはずという考えをもっている姫川主任。そのような話は気にもとめず捜査をすすめていきます。

また、捜査の中で、なんと勝俣主任がこの被害者と関係があったとわかり、何か情報を持っていないかと姫川は質問しにいくのですが、予想通り一蹴されてしまいます。


そんな場面を挟みながらも、姫川班は昔、被害者は大工であったことを突き止めます。

そして、非常に苦労した人生であったということがわかります。

随分昔に奥さんを病気で亡くしてしまったことも。

奥さんを亡くした原因は、というか、それは被害者がそのように悔やんでいたということなんですけど、大工をやっているときに、消費税増税のために駆け込み需要が発生し、そんな中で、被害者のような細々と仕事をしている現場には角材がまわってこず、

大手に買い占められてしまったようです。

それでも、いろんなところに頼みこんでなんとか角材を集めることができるのですが、なんとそれが突如盗まれてしましいます。

それが原因で、お客さんの要望に対応できなくなり、被害者の会社はたたむしかなかった。。。

その最中に無理がたたって奥さんが倒れてしまったようです。

そんなことが20年前にあったようです。

ただ、最近になってその角材を盗んだ犯人のメボシがついたことを友人から聞いた被害者は、盗人のところに行って詰め寄ります。

結果的にその盗人ともみ合いになり、被害者が殺されてしまった。これが事件の真相です。

姫川主任は、この犯人をしょっ引いて事情聴取をするのすが、この犯人は殺したことを認めるものの、自分のことを棚に上げて、他人のせい、社会のせいにするばかりで反省することもしないクソ野郎で、姫川も呆れてしまいます。

その根性は死んでも直らないんでしょうね。とはき捨てるように犯人に言い放つのでした。


今回もおもしろかったです。

最終的に、被害者のガラケーに入力されていた番号は実は、カナ入力して表現したかったダイニングメッセージであり、姫川がそこに気づいたことで、犯人の目星がついて、逮捕に至ります。

ただ、そのガラケーについて、鑑識結果と照らし合わせてみると、どのように考えても手をふれずにガラケーを操作した形跡がある。

超能力?といった疑問が出て今回の話は終わります。

こんな感じで、超能力ネタも強引に回収されます。

真相は不明のままです。

今回も面白かったですね。自分も超能力ないかなぁ。

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

5月9日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第5話が放送されました。

この記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第5話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。  

 

019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事