パーフェクトワールド第4話あらすじネタバレ・松村北斗の演技に涙・幻肢痛(インハンドと共通ワード)とは?

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

5月14日、「パーフェクトワールド」の第4話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第4話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

パーフェクトワールド 第4話あらすじ

第4話のあらすじをまとめました。

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

樹(松坂桃李)を支えたい一心のつぐみ(山本美月)は、無理を重ね、次第にすれ違っていく…。一方、一途な想いが膨れ上がる洋貴(瀬戸康史)も、つぐみを支えようと距離を縮めるが…?

樹(松坂桃李)と葵(中村ゆり)の間に、自分が入り込む余地はないことを悟り始めた、つぐみ(山本美月)。それでも、恋人として樹と過ごす時間はなにより幸せで、つぐみは次第に、自分が葵に代わって樹を支えたいと思うようになる。一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴(瀬戸康史)の一途な想いも膨れ上がり、つぐみを思わず抱きしめてしまう。洋貴はついに「俺はつぐみが好きだ」と樹に宣戦布告をする。

樹の生活をもっとサポートしたいと考えたつぐみは、毎日仕事帰りに樹の家へ。「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と気遣いを見せる樹に対し、「会いたいから来てるの」と答えるつぐみだったが、冷蔵庫に葵が作った惣菜を見つけてしまい、思わず嫉妬してしまう。

さらにつぐみは樹に内緒で介護の勉強を始めていた。連日深夜まで猛勉強する姉を見たしおり(岡崎紗絵)は尽くしすぎだと、あきれ気味。

見かねた洋貴も介護セミナーを終えたつぐみを食事に誘うが、お互いを意識する2人の間には、気まずい空気が流れ…。

引用:パーフェクトワールド公式HP

以下がネタバレあらすじです。

つぐみは、晴人に介護の資格に何を取得したらいいか相談するが、晴人が樹のためかと聞くと自分のためだ、このことは樹に言わないで欲しいと言う。

樹の生活を今以上にサポートしたいと願うつぐみは、仕事帰りに毎日のように樹の家へ通う。

「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と言う樹に対し、会いたいから来ていると答えるつぐみ。

それでも、冷蔵庫の中に葵が作ったたくさんの惣菜を見つけ、思わず嫉妬してしまうのである。つぐみは樹に料理はこれから私が作るからと言う。

つぐみは介護の勉強をしている。深夜まで猛勉強する姉を見たしおり(岡崎紗絵)はやりすぎだと、あきれている。

会社でトラブルが発生し、晴人が対応することになるが、途中で階段を踏み外してしまい、足に激痛が走る。晴人はタクシーに乗り病院へ向かう。腫れが引くまで義足は使うなと言われてしまう。

介護セミナーの帰りに、洋貴(瀬戸康史)は、つぐみを食事に誘うが、意識する二人の空気は気まずい。洋貴は、この前つぐみを抱きしめたことを謝る。

晴人は、しおりをレンタル彼女として呼ぶ。二人で歩く時には、昼間傷めた足をかばって歩いていた。

一方、帰りの遅いつぐみを樹は心配していた。そして、メールを送るが、疲れ過ぎて洋貴の車内で寝ていたため返事ができずにいた。やっとのことで連絡が取れたことで樹は安心する。

樹はその夜、足が痛み眠れないので、葵に連絡してしまう。葵はかいがいしく対応するのだった。

翌朝、会社に行ってからも足が痛む樹。プレゼン中には、幻肢痛(ゲンシツウ)がおこった足にコンパスを刺し、痛みをごまかしながら仕事をこなすのだった。

しおりは、レンタル彼女の相手の男から襲われそうになるが、晴人が危機一髪のところで助ける。こんなバイトやめろと晴人は言うが、しおりは、辞めると会えなくなる、障害者とは付き合うつもりはないと言う。

つぐみの父が体調が悪いと早退してくる。母は、つぐみとしおりに本当のことを話そうと言うが、心配させたくないから話さないと言う。

幻肢痛のことを樹から聞くことができなかったことで、どうして話してくれないのかとつぐみは樹を責めるが、樹から名字ではなく名前でよばれたことに気を良くする。

幻肢痛のことを調べたつぐみは、樹とともに治療の現場を訪れる。樹は、つぐみにとても感謝するのだった。

介護セミナーの後、疲れたつぐみは階段でふらつく。それを見た洋貴は自分ならつぐみを幸せにできるというが、つぐみは幸せにしてもらおうと思っていないと答える。

その帰りに葵と出くわしたつぐみ。葵は樹と同じマンションに住むつもりだと告げる。

自分の人生を犠牲にしてでも、樹の人生を支えるつもりである、このポジションを、つぐみに譲るつもりは無いと言いきってその場を去る。つぐみは、黙って立ちつくしていた。

晴人は会社で、障害を乗り越えるとかなどの綺麗ごとはもううんざりだと、自分の気持ちを吐露する。樹も強く同感する。

晴人に障害者のバスケを教えてくれてありがとうと言い、障害者だからこそできることがあるはずだと強く晴人に言う。晴人はごめんと樹に謝る。

帰りの駅のホームでつぐみはふらつき、人にぶつかった拍子に駅のホームから落ちてしまうが、樹は助けることができない。

幻肢痛とは?

くしくも、2019春ドラマ「インハンド」にも幻肢痛というワードが出てきましたので、調べてみました。

以下、主にウィキペディアからです。

幻肢痛(げんしつう、英: Phantom Pain)は、怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する、難治性の疼痛。

心身症に該当する。ファントムペインともいう。

<症状>

四肢を切断した患者のあるはずもない手や足が痛みだす。

例えば足を切断したにもかかわらず、爪先に痛みを感じるといった状態を指す。

あるはずのない手の先端があるように感じる、すなわち幻肢の派生症状である。


<原因 >

詳しい原因は判っていない。

脳内にある体の各部位に対応するマップが、その部位を失ったにもかかわらず更新されないことが影響しているのではないか、という説がある。

電流を流した万力で潰されるような痛みがあるという。


<治療 >

痛みを感じているはずの部位は実際には失われているため、痛み止めの薬や麻酔などは当然のごとく効果がない。

内部に鏡の仕切りがある箱に失っていない手を入れ、鏡を覗き込みながら(つまり失った四肢の側を鏡で隠しながら存在する四肢を鏡に映して見る)「グー・パー」などと動かすことで痛みが消える、または緩和する、という治療法がある。

この療法は鏡療法、鏡治療、ミラーセラピーなどと呼ばれる。

ただし、この治療法の効果には個人差があり、決定的な治療法は見つかっていない。

引用:ウィキペディア

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。 どうぞ!

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月 鮎川 樹:松坂桃李是枝 洋貴:瀬戸康史 長澤 葵:中村ゆり 雪村 美姫:水沢エレナ渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 渡辺 剛:木村祐一 東 美千代:とよた真帆鮎川 文乃:麻生祐未 川奈 元久:松重豊 川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

パーフェクトワールド 第5話予告

 

つぐみ(山本美月)がホームから転落!?恐れていた事態が現実となり、激しく自分を責める樹(松坂桃李)。事故を知った、つぐみの父・元久(松重豊)は、樹に会うが…?

つぐみ(山本美月)が駅のホームから転落した。車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹(松坂桃李)は、一緒にいたのに助けられなかったと、激しく自分を責める。

さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事のかたわら、介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ、がく然とする。

しばらくすると、松本から元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)が駆けつける。

愛娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に追い打ちをかけるように、ものすごい剣幕で樹を責める。

その言葉に、頭を下げて謝罪することしかできない樹を、葵(中村ゆり)や渡辺(木村祐一)は心配する。

翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、転院する前に一度、つぐみと話をしたいと考える。

つぐみに会うために訪れた病院で、樹は元久と偶然再会、2人で話をすることに。

つぐみの幸せを願う元久が、樹に伝えたこととは…!?

出典:パーフェクトワールド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

ジャニーズ・松村北斗さんに注目している声が多いですね。

イケメンというだけでなく、演技に涙する人が多いようです。

まとめ

「パーフェクトワールド」の第4話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第4話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事