パーフェクトワールド第3話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

5月7日、「パーフェクトワールド」の第3話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第3話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

パーフェクトワールド 第3話あらすじ

第3話のあらすじをまとめました。

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

つぐみ(山本美月)を犠牲にすることはできないという思いから、つぐみの樹を思う想いを拒絶した樹(松坂桃李)。

それでも、樹のすべてを受け入れると決めたつぐみを見た樹は、もう一度恋愛をしてみようと思うのである。

仕事場での二人の様子に付きあっているのかと周りに聞かれる樹とつぐみ。

やっとのことで付き合うことになった2人は、江の島へ行ったり、休暇の予定を相談したりと、デートを楽しむ。

江の島では、つぐみはお弁当、樹はつぐみに渡すペンダントを持ってきていた。

樹の自宅では、一緒に寝ると聞かれ焦るつぐみだが、ソファによりそい二人で他愛無い話をしながらくつろぐ二人だった。


レンタル彼女を依頼し、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)であった。カラオケで楽しんだ二人。晴人の義足を見て、しおりはあからさまに引く。

つぐみにプロポーズすると考えていた洋貴(瀬戸康史)は、樹と付き合うことになったつぐみを祝福するのだが、内心では大きなショックを受けていた。

つぐみとしおりは、ゴールデンウィークに樹の車で長野へ帰ることになる。

車中で、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったらと心配する。

つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的であった。

両親へのあいさつは、見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせてしまう。

樹は車の窓を開けて挨拶をするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと言う。

たまらず、つぐみは、樹が身体が不自由で車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを話すのであった。

しおりの予想通り、元久は大激怒し、母の咲子(堀内敬子)も、好きだけではどうにもならない事があると言い、つぐみの将来を心配する。

 

樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出され、翌日、公園のカフェへ行くことに。

洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、つぐみの表情はどこか浮かない。

父親のことが気なっていたからである。

洋貴も、車いすの樹を世話するつぐみを、どこか複雑な思いで見つめていた。

席をはずしたつぐみを美姫が追い、つぐみの悩みを聞く。

美姫は、樹が事故に合った時に同じような悩みが合った、好きなら諦めないでとつぐみに言う。

二人にが話ている間に、転がってきたボールを拾おうとして樹が車椅子から落ちてしまう。

それを見て心配するつぐみを見た洋貴も、複雑な顔をしていた。


つぐみが実家に戻ると、父が一人で居間にいた。

つぐみは、父に樹と真剣に付き合っていると話す。

父は、結婚してくれるなら、誰でもいいのかと言う。

怒ったつぐみは、実家には戻らないと言いその場を離れる。


東京へ戻ると、樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がおり、つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせていく。

樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、時には自分を犠牲にしないといけないと、つぐみに強く詰め寄る。


つぐみは、樹に普通自宅の鍵はヘルパーさんに渡すものかと聞く。

これからは、連絡してから来てもらうようにすると樹は言うが、葵は自分にとって特別な人だという事を分かって欲しいとも言う。

樹は、死にたいと思っていた時に、葵に助けられてもらったことや仕事を紹介してもらったことを話す。

つぐみは、帰りたくないと樹を抱き寄せる。

樹は、ごめん、これ以上は無理、付き合う資格がないよなと言う。

隣で一緒に寝るだけでいいというつぐみ。二人は、ベッドで肩を寄せ合いキスをするのだった。

 

 

 

一方、葵は離婚届けにサインをしていた。

樹のパソコンが壊れたとつぐみから洋貴に連絡があり、洋貴は樹の自宅へ行く。洋貴は、つぐみがいない間につぐみが好きだと樹に話し、つぐみを泣かせたら許さないと言う。

買い出しから帰ってきたつぐみを洋貴は抱き寄せてしまうが、離してとつぐみは言うのだった。

 

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。

どうぞ!

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月

鮎川 樹:松坂桃李

是枝 洋貴:瀬戸康史

長澤 葵:中村ゆり

雪村 美姫:水沢エレナ

渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)

渡辺 剛:木村祐一

東 美千代:とよた真帆

鮎川 文乃:麻生祐未

川奈 元久:松重豊

川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

パーフェクトワールド 第4話予告

 

 

樹(松坂桃李)を支えたい一心のつぐみ(山本美月)は、無理を重ね、次第にすれ違っていく…。一方、一途な想いが膨れ上がる洋貴(瀬戸康史)も、つぐみを支えようと距離を縮めるが…?

樹(松坂桃李)と葵(中村ゆり)の間に、自分が入り込む余地はないことを悟り始めた、つぐみ(山本美月)。

それでも、恋人として樹と過ごす時間はなにより幸せで、つぐみは次第に、自分が葵に代わって樹を支えたいと思うようになる。

一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴(瀬戸康史)の一途な想いも膨れ上がり、つぐみを思わず抱きしめてしまう。

洋貴はついに「俺はつぐみが好きだ」と樹に宣戦布告をする。

 

樹の生活をもっとサポートしたいと考えたつぐみは、毎日仕事帰りに樹の家へ。

「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と気遣いを見せる樹に対し、「会いたいから来てるの」と答えるつぐみだったが、冷蔵庫に葵が作った惣菜を見つけてしまい、思わず嫉妬してしまう。

さらにつぐみは樹に内緒で介護の勉強を始めていた。

連日深夜まで猛勉強する姉を見たしおり(岡崎紗絵)は尽くしすぎだと、あきれ気味。

見かねた洋貴も介護セミナーを終えたつぐみを食事に誘うが、お互いを意識する2人の間には、気まずい空気が流れ…。

一方、感覚がないはずの足に激痛が走り、眠れずにいた樹は、次第に増す痛みに我慢ができなくなり、助けを求めるため、ある人物に電話をかけて…。

出典:パーフェクトワールド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

5月7日、「パーフェクトワールド」の第3話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第3話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事