集団左遷 第3話あらすじネタバレ真山副支店長はスパイじゃなかった

集団左遷
出典:集団左遷公式HP
テレビ

 

5月5日、「集団左遷」の第3話が放送されました。

この記事では、「集団左遷 第3話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

集団左遷 第3話あらすじ

第3話のあらすじと感想です。   ※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

 

突然、片岡(福山雅治)ら蒲田支店の面々の前に姿を現した横山常務(三上博史)。

1ヶ月でプラス7億円という結果を出した彼らに横山は「大いに期待しています」と言って去っていく。

そんな中、滝川(神木隆之介)は横山と初対面であるはずの真山(香川照之)の態度に疑問を抱く。

すっかり息巻く片岡だが、突然、支店統括部の宿利部長(酒向芳)から廃店が決まった小平支店の残務整理に人員を回してほしいと命じられる。

この大切な時期にと困惑する中、滝川はやたらと本部の肩を持つ真山に、彼が本部のスパイではないかと疑いの目を向ける。

そんな中、大口の顧客で真山の担当である「田口るみビューティーサロン」の田口るみ社長が夫・孝一とともに30億円もの融資の相談に蒲田支店を訪れる。

決まれば廃店回避へと大きく前進するとあって色めき立つ片岡だったが…。

  引用:公式ホームページ

集団左遷 第3話感想

5月6日感想を更新しました。

 

第2話は、横山常務が蒲田支店にやってきたところで終わりました。

なんかものすごいバトルがはじまるのかと期待しましたが、軽く挨拶をしてすぐに帰っていきました。

ちょっと拍子抜けする感じで挨拶とか大事にする人なのかな?

なんだかんだそういう礼儀を重んじる人だから、若くして常務にまで登りつめたのかと思いましたが、実際には全くそんなことはなかったです。

廃店した小平支店の残務整理の応援を蒲田支店の人間にわざわざ要望したり、蒲田支店の顧客を本部管理という理由で、パクっていったり、やることが陰険です。

インテリほど心はドロドロしているもんです。横山常務がインテリかどうか、設定の深いところまではよくわからないですけど。

まぁ、そんな本部の攻撃にあいながらも片岡支店長は活路を見出すんですね。どうにかして融資100億のノルマを達成しようと奮闘します。

そんな中で、副支店長の真山さんが担当している田口るみビューティーサロンが30億の融資をお願いしたいと依頼があります。

またとないチャンスということで、片岡支店長は飛びつくのですが、真山さんは融資をすることに難色を示すんですね。。。

この真山副支店長、俳優さんが 香川照之さんであることもあって、胡散臭さ満載なんです。(いや、それだけ演技が上手いという意味です。)

本部に蒲田支店の情報がなぜか駄々漏れになっていることもあって、スパイなんじゃないかと疑われます。

融資をすることに積極的ではないというところも、ノルマ達成の邪魔をしているのではと詰め寄られます。

それでも、頑なに現状での融資の拒否をします。

なぜ、そこまでに躊躇するのかと片岡支店長も問い詰めるのですが、最近の売り上げの上昇が不自然すぎる。

調査をさせてくださいと、もっともらしいことを言うんですね。

ますます疑念が深まるばかりで、片岡支店長も別ルートで田口るみビューティーサロンの調査を行います。

すると、実際に真山さんの言っていたことは的中していて、会員カードを過剰に販売していて、表向きの年収を多く装っていたのです。

カード会員の人数に対して、サロンのお店の席が追いついておらず、予約待ちが増える一方で、クレームが増大しているという状況なのでした。

更にこの件ついて、週刊誌が取り上げ、田口るみビューティーサロンは大ダメージを受けます。結局、真山さんのおかげで蒲田支店は無駄な融資をしなくて済むんです。

ただ、片岡支店長はここで、ババをひかなくて良かったと終わるわけではなく、田口ビューるみティーサロンに対して、再建計画を提示して、結局15億円の融資を取り付けます。

なんと言ったらいいのか、この流れが集団左遷のいいところですよね。簡単に見捨てるのではなく、可能性を模索して最終的に結果を出す感じ。このドラマのテーマとなっているような気がします。

今回、真山さんのスパイの疑いは晴れたんですけど、でも情報が漏れているのは確かで、じゃあスパイは誰なんだという疑問が残るんですが、その犯人がわかったところで第3話は終了します。

だんだん面白くなってきました。次回も楽しみです。

以上 集団左遷の第3話あらすじと感想でした。   第3話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

集団左遷 キャスト相関図

集団左遷相関図

出典:集団左遷公式HP

集団左遷 第4話予告

蒲田支店廃店か、存続か、ノルマ達成期限まで残り4ヶ月──。

街中で商談会のチラシを配っていた片岡(福山雅治)は、三嶋(赤井英和)から自社ビルを建てる予定だと聞く。
 
うまくいけば20億円の融資につながる。
 
さらになんと花沢(高橋和也)が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。
 
この2つの融資が成立すれば、ノルマ達成に大きく前進する。
 
またとないビッグチャンスに、片岡は本部からまた妙な邪魔をされないよう横山常務(三上博史)に直接釘を刺しに行く。
 
しかし、横山は思わぬ言葉を片岡にかける…
 
引用:集団左遷 公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

5月5日、「集団左遷」の第3話が放送されました。

この記事では、「集団左遷 第3話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。  

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事