わたし、定時で帰ります。第3話あらすじネタバレ全ての人にスポーツをランダー

出典:わたし定時でかえります公式HP
テレビ

 

4月30日、「わたし、定時で帰ります。」の第3話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第3話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

わたし、定時で帰ります。 第3話あらすじ

第3話のあらすじと感想です。

 

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

巧(中丸雄一)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高由里子)のところに、晃太郎(向井理)からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。


巧の両親への挨拶をドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに――。

結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるが連絡は通じない。


翌朝、何事もなかったように出社した来栖を咎めると、その直後に来栖は結衣を呼び出して辞表を提出する…。


口癖のように「辞めようかな…」と言う来栖に対して、教育担当の結衣はどう向き合うのか…!

引用:公式ホームページ

わたし、定時で帰ります。 第3話感想

 

前回の話の終わりは、新人の来栖君が撮影していた動画が、ネットに配信されてエライことになってしまった感じでしたが、当然のごとく結衣の会社は客先に猛烈に怒られます。

来栖は副部長の種田に今回の事について強く問い詰められるのですが、めんどくさくなって会社を辞めると言って来なくなってしまいます。

普通にこんなことしてしまっては、これで絶対に済まないですけどね。


今の若いもの感丸出しの来栖君に対して(かなり極端な偏見が入っているような気もしますが)、部長がまた、この人手不足の中、辞めてもらっては困ると結衣に説得を頼むんですね。

これで、彼が会社を辞めてしまったら君の責任だからねと。


来栖君も無責任な感じの態度ではあるんですけど、動画が配信されてしまったのが、最終的に自分の友人がネットに流したとはいえ、責任はすごく感じているようで、現実逃避の旅に出てしまいます。

そこを、結衣が捕まえにいき、話を聞きます。

 

そして、説得を受け、一時は会社を辞めようと考えていた来栖君ですが、戻ってきます。


そんな大事件となりながら、配信された動画が客先の商品に対して否定的な意見が含まれていたとは言え、実際には炎上することで、知名度が上がり、商品の注文が殺到します。結果的に、会社は契約を切られずにこの件については収束されるのでした。


動画配信の事件は一段落したのもつかの間、結衣の方は次の客先案件について、チーフを任せられます。加えて、種田は来栖君も結衣のサポートをするよう任命します。


新しい案件はスポーツ用品店の大手との仕事で、スポーツをほとんどやって来なかった結衣と来栖君は相性が合わず、顔合わせの時点で印象があまりよくありません。

対する種田はもともと体育会系ということもあり、客席の印象もよく、要望に対してもこれまでの広告をよく分析しており、素晴らしいコンセプト案を出してきます。(仕事ができる感が満載で向井理の人気がまた上昇する。)。

その凄さに圧倒された2人は、種田のコンセプトを軸にして仕事をすすめていきます。

ただ、原案が完成していく中、結衣は心中では、良いと思いながらも納得できない部分があり、言い出せないでいるのですが、そんな気持ちを種田は察して、スポーツを経験させようとフットサルに誘います。


はじめは、やったこともないし、できるわけないと拒否する結衣ですが、なかば強制されてゲームに参加することで、スポーツの楽しさを体感し、自分の中で今回の仕事に対する広告コンセプトが形になっていくのでした。


客先へのプレゼンの日は、今回の広告は、これまでの玄人向けをターゲットとしてきた広告と異なり、幅広い層に支持を受けるような、原点回帰案を提案します。

そのときはかなり印象が悪く、部長にやっぱり種田君の案でいけばよかったとイヤミを言われます。

しかし、実際のところ、提案はコンペに勝ち、結衣は引き続き、チーフをたんとうするのでした。

ただ、それでも定時では帰るんですけどね。


今回も非常に楽しい会でした。

個人的には、ゆるすぎる会社や優しすぎる仕事仲間、フットサルをやっている時のわざとらしさにイライラもしましたが、こんな風に仕事をしていけたらと思える会だったように思えます。

結衣の結婚が決まって、動揺している種田が今後どういう態度に出てくるのかも気になります。

別れた女を引きずる男。それが、超絶のイケメンという究極エモい状況です。

来栖君の意外性もふんだんに盛り込まれて、キャラ立ちもよかったですね。

次回は、エンジニア吾妻にスポットが当たる話のようで、またこれが楽しみです。

以上 わたし、定時で帰ります。の第3話あらすじと感想でした。

 

第4話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

わたし、定時で帰ります。 キャスト相関図

わたし定時でかえります相関図

出典:わたし定時でかえります公式HP

わたし、定時で帰ります。 第4話予告

福永(ユースケ・サンタマリア)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという話が入る。


部内で結衣(吉高由里子)・晃太郎(向井理)が話しをしていると、児玉(加治将樹)が、吾妻(柄本時生)が深夜のオフィスを自宅にいるかのように過ごす姿を目撃したという…。


結衣たちは吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、なかなか直らない。


そんななか、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)がやってくる。


明るく優しく接してくれる桜宮が気になる吾妻は、桜宮にいいところを見せたいと、結衣に仕事効率アップの方法を相談し改善しようとするが、そんな時にトラブルが発生する――。

出典:わたし、定時で帰ります。公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

4月30日、「わたし、定時で帰ります。」の第3話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第3話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事