集団左遷 第2話あらすじネタバレ感想・猿之助&中車揃い踏み・SNSの声

集団左遷
出典:集団左遷公式HP
エンタメ

 

4月28日は「集団左遷」の第2話の放送日です。

この記事では、「集団左遷 第2話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

集団左遷 第2話あらすじ

第2話のあらすじと感想です。

 

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と、無謀にも横山常務(三上博史)に直訴した片岡(福山雅治)。

そのことを部下たちに伝えるが、案の定、副支店長の真山(香川照之)たちからは猛反発される。

それでも頑張るしかない、と頭を下げる片岡。

そんな折、横溝(迫田孝也)から「町田エネラル」から 5000 万円の融資の相談を受けたとの報告が。片岡はさっそく横溝と町田社長の元へ挨拶に向かうが…

そこには、蒲田支店に襲いかかる本部の思惑があった。一筋縄ではいかない相手に、片岡と蒲田支店は…
そして、片岡は思いもよらない選択をする。
銀行員のプライドとは何か?片岡が守るべきものとは…

 

引用:公式ホームページ

集団左遷 第2話感想

4月29日感想を更新しました。

 

前回の第1話で、横山常務と激論して、プラス100億円の融資額が浦田支店の廃店回避の条件となった。

片岡支店長は、持ち前の前向きな姿勢で、やってやろうじゃないかと頑張ります。

しかしながら、当然のごとく浦田支店の社員達からは猛反発されます。それはそうだと個人的には思いました。

自分としてもこんな支店長は嫌です。

でも、猛反発されながらも頑張ることを押し通して、奮闘する支店長のもとに、「町田エネラル」という会社から5000万円の融資の相談を受けたと報告を受けます。

まずは、その融資を成立させて、目標100億円の融資達成に勢いをつけようと、頑張るのですが、なんと、本部が羽田支店の人間を出向かせ、羽田支店が融資を取り付けてしまいます。いじめです。


やる気を削がれてテンション下がる片岡支店長ですが、すぐに気持ちを持ち直して、(この辺が、福山雅治らしからぬキャラクターなので笑ってしまいます。)

町田エネラルの社長が持つメガソーラー事業の夢に注目します。

そして、太陽光パネルを敷き詰めることのできる広大な土地を探し紹介することで、羽田支店から融資を取り戻そうとします。

幸運なことに、町田社長の夢を実現するための土地が見つかるのですが、羽田支店から融資を取り戻すために奮闘している事に疑問を持ち始めます。

考えた結果、土地の紹介をしますが、融資は羽田支店でしてもらって大丈夫だと、自分達は、あなたのような人の夢を応援するために仕事をしているのだとして融資取り付けの無理強いはしないんですね。


そうなると、ここからはお決まりのパターンですけど、その後、町田社長が蒲田支店にきて、融資は浦田支店から受けたい、応援しているという言葉に感動しましたと言われます。


本部からのいじめに屈することなく結果を残します。。。


いや、第2話も面白かったですね。時代遅れと言ってもいい、頑張ることでなんとかなると言う考え、頑張るしかないと根拠なく前向きに突き進む姿勢が、なんだか新鮮にうつり応援したくなります。

なんでなんでしょう?そう考えてみると、今の時代の社会って、頑張ったか頑張っていないかは問題ではないじゃないですか。

結果が全てであって、どんなに頑張ったとしても結果がダメなら、非難や侮蔑の対象になります。要領が悪いとバカにされます。

そういう風潮があるから、頑張っている感をあまり出さないようにする傾向がありますよね。

冷めているふりをする方が都合がいい気がします。

そんな時代の中で、あまりにも愚直な片岡支店長の仕事に対する姿勢が、ものすごくこっけいにうつるのですが、なぜか、魅力に溢れていてドラマに魅入ってしまうんですよね。

ちょっとご都合主義的な話ではありますが、ドラマの雰囲気も素敵で次回も待ち遠しいです。

以上 集団左遷の第2話あらすじと感想でした。

 

第3話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

集団左遷 キャスト

片岡 洋(かたおか ひろし) 福山雅治
真山 徹(まやま とおる)香川照之

滝川 晃司(たきがわ こうじ)神木隆之介
木田 美恵子(きだ みえこ)中村アン
平 正樹(たいら まさき)井之脇 海

花沢 浩平(はなざわ こうへい)高橋和也
横溝 厚男(よこみぞ あつお)迫田孝也
三宅 庄司(みやけ しょうじ)増田修一朗
宮田 学(みやた まなぶ)谷口翔太
藤枝 薫(ふじえだ かおる)橋本真実

藤田 秀樹(ふじた ひでき)市村正親
鮫島 正義(さめじま まさよし)小手伸也
 
青島 憲二(あおしま けんじ)(チンタオ) 赤堀雅秋
鈴木 将之(すずき まさゆき)(パチ) パパイヤ鈴木
片岡 裕太(かたおか ゆうた) 絃瀬聡一

片岡(かたおか かおり) 八木亜希子
真山 有里(まやま ゆり) 西田尚美
梅原 尊(うめはら たかし )尾美としのり

横山 輝生(よこやま てるお )三上博史
語り手 貫地谷しほり
三友銀行イメージガール 生田絵梨花 (乃木坂46)

集団左遷 キャスト相関図

集団左遷相関図

出典:集団左遷公式HP

集団左遷 第3話予告

突然、片岡(福山雅治)ら蒲田支店の面々の前に姿を現した横山常務(三上博史)。
 
1ヶ月でプラス7億円という結果を出した彼らに横山は「大いに期待しています」と言って去っていく。
 
そんな中、滝川(神木隆之介)は横山と初対面であるはずの真山(香川照之)の態度に疑問を抱く。
 
すっかり息巻く片岡だが、突然、支店統括部の宿利部長(酒向芳)から廃店が決まった小平支店の残務整理に人員を回してほしいと命じられる。
 
この大切な時期にと困惑する中、滝川はやたらと本部の肩を持つ真山に、彼が本部のスパイではないかと疑いの目を向ける。
 
そんな中、大口の顧客で真山の担当である「田口るみビューティーサロン」の田口るみ社長が夫・孝一とともに30億円もの融資の相談に蒲田支店を訪れて来る。
 
決まれば廃店回避へと大きく前進するとあって色めき立つ片岡だったが…。
 
引用:集団左遷 公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

4月28日、「集団左遷」の第2話が放送されました。

この記事では、「集団左遷 第2話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事