わたし、定時で帰ります。第2話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声

出典:わたし定時でかえります公式HP
テレビ

 

4月23日、「わたし、定時で帰ります。」の第2話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第2話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめます。

わたし、定時で帰ります。 第2話あらすじ

第2話のあらすじと感想です。

 

※感想部分が、詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。

そんな中、制作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。

ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。

一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。

子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に結衣は…。

引用:公式ホームページ

わたし、定時で帰ります。 第2話感想

 

結衣の先輩である賤ヶ岳さんの復帰によって、社内がまた慌しくなる第2話です。

もともと仕事を休むまでは、今の結衣の働き方に共感、応援してくれていた賤ヶ岳さんでしたが、子供ができたことによって変わる周囲の目を経験をすることで、母親になったとしても今まで以上に頑張ることができるところを見せ付けてやりたいという思いが、復帰早々溢れてしまっています。

そして、かなり空回りしてしまいます。今回の話も、現実の世界に対してのかなりの問いかけになっていて、母親としての、仕事をする人間としての責任を両立させようとする中で、そのジレンマに苦しむ賤ヶ岳さんをフォローする結衣さんなのでした。

子供が熱を出してしまったと連絡が入ったとしても、周りの人達が仕事をしている中、定時で帰ることはできない姿などを見ると、少し状況は違えど、あるあると納得してしまいました。

また、前回の話で危険人物の可能性が浮上した、福永部長の危険ぶりが要所要所でチクチク出てくるんですよ。

 

三谷さんと種田副部長が作った作品が今回の大口案件を受託したようなものなのに、復帰早々で、まだ体が慣れていない賤ヶ岳さんをチーフに抜擢したり、結衣と現在の恋人とのプロポーズの場面に偶然出くわして、空気を読まずに話しかけてきたりなど、その変なプレッシャーを出してくる。

それを演じているユースケ・サンタマリアが最高です。

後、元婚約者である種田氏と結衣とが2人になったときの空気感もすごくいいですね。

ただ、この二人の回想シーンで、婚約していたお互いの親が同席した食事の席に、種田の方が仕事で疲れすぎて、そこに出席できずに家で床で倒れるように寝ていて、あげくに結衣に「仕事と私との結婚どっちが大事なの?」と質問され、「仕事だよ」としんどそうに答えていたのは、それは、別れるわと思いました。

仕事と私どっち?の台詞は重いキーワードとして世間一般で有名ですが、あの状況では、言われても仕方ないですね。それをかったるく仕事と答える種田もかっこいいですけど。

今回の話で思ったのは、女性が社会で仕事をするにあたって、男性と比較され、仕事など男性よりも柔軟に対応できる人も多くいるのに、家庭との両立の負担から、出世ができないと言ったいつもの話でないのが面白かったです。

もちろんそういった側面の話も会話の中で出てはくるのですが、男VS女とかではなくて、物語の主軸になっているのは、働き方に対する問いであって、それが、定時で帰るという単純明快なテーマに繋がっているのが、よくできているなと思いました。

会社の人間達は、賤ヶ岳さんに振り回されぶつかりながらも最終的には結衣の計らいもあって結束を強め、いい仕事をしていく感じもほのぼのとしてとてもよかったです。

まぁ、終わりにとんでもないことを新人がやらかしてしまった…てな感じで、第3話へストーリーが展開していきます。

次回も波乱が起こりそうな予感です。

以上 わたし、定時で帰ります。の第2話あらすじと感想でした。

 

第3話以降も記事にしていく予定です!

 

スポンサーリンク

 

わたし、定時で帰ります。 キャスト相関図

わたし定時でかえります相関図

出典:わたし定時でかえります公式HP

わたし、定時で帰ります。 第3話予告

巧(中丸雄一)の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣(吉高由里子)のところに、晃太郎(向井理)からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。


巧の両親への挨拶をドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに――。

結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるが連絡は通じない。


翌朝、何事もなかったように出社した来栖を咎めると、その直後に来栖は結衣を呼び出して辞表を提出する…。


口癖のように「辞めようかな…」と言う来栖に対して、教育担当の結衣はどう向き合うのか…!

出典:わたし、定時で帰ります。公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

4月23日、「わたし、定時で帰ります。」の第2話が放送されました。

この記事では、「わたし、定時で帰ります。第2話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図・SNSの声」についてまとめました。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事