パーフェクトワールド第1話あらすじネタバレ感想・キャスト相関図やSNSの声

パーフェクトワールド
出典:パーフェクトワールド公式
テレビ

 

4月16日、「パーフェクトワールド」の第1話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第1話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

パーフェクトワールド イントロダクション


建築士の鮎川樹(松坂桃李)は、
大学生の時に事故に遭ったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。
“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”
心に固く決めていた。
そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。
閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていくー。
二人の前には、さまざまな“困難”が立ちはだかる

つぐみに思いを伝えられない幼なじみ・是枝洋貴(瀬戸康史)
自暴自棄になっていた樹を励まし続けた“恩人”・長沢葵(中村ゆり)
突然障がい者となった息子を、誰よりも心配する、樹の母・文乃(麻生祐未)

障がいのある樹との恋に反対する、つぐみの父・元久(松重豊)
お互いを“幸せにしたい”と思えば思うほど、二人はすれ違い―。

無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とはー?

引用:パーフェクトワールド公式HP

↓こちらのdTV動画も、マンガにCV(キャラボイス)がついていて、ストーリーを理解しやすいです。

dTV版の第2話以降も気になる方は↓こちらのバナーから進むと登録できます。

どうぞ!

パーフェクトワールド 第1話あらすじ

第1話のあらすじをまとめました。

※公式HPより詳しい内容になっていますので、ネタバレご注意ください。

川奈つぐみ(山本美月)は、“卒業後は長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)としており、東京の大学へ進学した。

学生時代は、イラストレーターを目指していたが、卒業後は長野へ戻らず、大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と一緒に暮らしながら、事務員としてインテリアデザイン会社で働いている。

つぐみは、上司である東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれる。

そこには、偶然にも高校時代の同級生で初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)がいたのだった。

運命的な12年ぶりの二人の再会である。

樹は学生時代の夢を実現し、設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の下で、一級建築士として働いていた。

胸の高鳴りを抑えきれないつぐみは、バスケ部で活躍していた樹の話を一同に聞かせるのだった。

そして、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねた瞬間、樹の車いす姿を見て言葉を失うつぐみ。大学時代に事故で脊髄を損傷した樹は、全く歩けなくなっていたのだ。

 

その夜、妹に樹に会ったこと、事故で車いすになったことを話すと、イケメンの樹のことを覚えていたが、障害者は無理という妹。

翌日、なにげなく発した言葉で樹を傷つけてしまったと思い、つぐみは樹の職場まで謝りにいくのだった。

樹はわざわざ来たつぐみを、坂の上の公園に誘う。

仕事のことを熱心に話す樹の様子を見たつぐみは、体は不自由でも、かつての樹のままだと知り安心する。そして、つぐみが行く予定だった美術展に、樹も一緒に行くことになる。 

 

当日、高校時代からつぐみに片思いをしていた洋貴が、つぐみのマンションに訪ねてくる。

洋貴は、現在アプリ制作会社の社長をしており、つぐみの妹しおりの意見を聞いてアプリの参考にしている。

しおりから、つぐみは樹と一緒に出かけたと聞いてショックを受ける洋貴。樹では自分に勝ち目がないという洋貴に、「そうでもないかもよ」というしおり。

 

一方その頃、樹が障害者が運転できる車でつぐみの元にやってくる。

そして、つぐみは車いすでの外出の大変さを知ることになる。

美術館にはエレベーターがなかったのだ。

そして、樹は高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)とは事故が原因で別れ、もう誰とも恋愛する気にはなれないという。つぐみは、その言葉に戸惑いを隠せない。

 

家に戻ったつぐみに、洋貴が車いすの樹の姿に戸惑っているのではと言われ、その時初めて自分の気持ちに気付くつぐみ。

 

樹の元には、かつての恋人・美姫から結婚式の招待状が届く。しかも、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージが留守電に入っていた。

 

仕事先で、後ろから声を掛けてきた樹に驚くつぐみ。

「同窓会、行く?」と聞かれた樹は「一緒に行こう!」という。

そして、つぐみに彼女のふりをして欲しいと言われ引き受けることに。

 

同窓会では、樹もつぐみも無理をした雰囲気で、それを気にかける洋貴。

そこに美姫が現れ、場所を変えて二人で話すことに。

そして、二人の会話をつぐみは聞いてしまう。美姫は、まだ樹のことを愛しているという。別れを切り出したのは樹の方だったのだ。

愛しているのなら、何故別れたのかと問う樹。

その後トイレで美姫と遭遇したつぐみ。

偽善で付き合っているのか?と聞かれ、すべてにおいて完璧な人なんていないと答えるつぐみ。

一人で先に変える樹を追いかけるつぐみ。その後、事故の時に背骨にいれていたボルトやレントゲン写真を見せられ、樹から田舎に帰ってイラストレーターを諦めていいのかと励まされるのだった。

 

樹は、大事なコンペのリーダーを任される。

しかし、コンペの締め切り間際、無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされるのだった。

コンペは諦めるようつぐみは伝えるが、いつ死ぬか分からないから、やり遂げたいと訴える樹。

病床でパースを書き上げ、着色をつぐみに託すのだった。

つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。

さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まりそうになるが、突然、樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れるのだった。

 

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

パーフェクトワールド  キャスト

川奈つぐみ:山本美月

鮎川 樹:松坂桃李

是枝 洋貴:瀬戸康史

長澤 葵:中村ゆり

雪村 美姫:水沢エレナ

渡辺 晴人:松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)

渡辺 剛:木村祐一

東 美千代:とよた真帆

鮎川 文乃:麻生祐未

川奈 元久:松重豊

川奈 咲子:堀内敬子

 

スポンサーリンク

 

パーフェクトワールド  人物相関図

パーフェクトワールド相関図

出典:パーフェクトワールド公式

第1話で主なキャストが出揃いました。

エンディング近くで、一瞬、つぐみと樹がいい雰囲気になりますが、突然、長澤 葵(中村ゆり)が現れ、樹に抱きつくような感じになりました。

長澤 葵の役柄説明がないため、第2話がどうなっていくのか気になりますね。

パーフェクトワールド 第2話予告

縮まる2人の距離に、つぐみ(山本美月)の期待は高まるが、“恋愛不要”を唱える樹(松坂桃李)の決意は変わらない!?さらに強力なライバルの登場で、つぐみの恋に黄信号!?

樹が長沢葵(中村ゆり)に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。

一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。

着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。

実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。

恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。

やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。

つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。

樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃は、つぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。

「ただの友達だから」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける。

出典:パーフェクトワールド公式HP

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

松坂桃李さんの役作り・・車いすでのウィリーは難しいようです。

まとめ

4月16日、「パーフェクトワールド」の第1話が放送されました。

この記事では、「パーフェクトワールド第1話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。

よく読まれている記事