ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじネタバレ感想 大塚刑事(重岡大毅)殉職・北見(坂東龍太)が犯人

出典:ストロベリーナイトサーガ公式HP
テレビ

 

4月11日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第1話が放送されました。

この記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめます。

ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじ

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は、第十係、姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる通称“姫川班”への勤務を任命された。

折しも、捜査一課は亀有北署に『水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部』を立てていた。

捜査本部に向かった菊田は着任の挨拶をしようとするのだが、肝心の玲子の姿がないまま、捜査会議が始まってしまう。

管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)とともに現れた係長、今泉俊介(山口馬木也)が事件の経緯を説明。

水元公園の溜池付近で死体が発見された。

被害者は金原太一という営業マンで、死因は出血性ショック死。

凶器は薄型の刃物で、被害者の体には無数の傷がつけられていた。

しかし、多くの傷は死因とは無関係で、致命傷は喉元の頚動脈を切断されたことと推定されている。

さらに、死後、みぞおちから股関節までを切開されていた。

捜査官の質疑が始まる頃、ようやく玲子が姿を現す。

玲子は到着するなり、話があると会議を遮った。

呆れる橋爪をよそに今泉が促すと玲子は自分の見解を話し始める。

玲子は被害者が死後に腹を割かれたのは、死後ガスが発生しても遺体が浮かばないようにしたからだと指摘。

今回、沈めることが出来なかったのは、犯人側にトラブルが発生したためだと言う。

そして、この事件のひと月前に同公園の溜池にしか存在しない寄生アメーバに感染して死亡した男がいると告げた。

玲子は水元公園の池には腹部を割かれた別の遺体があると言い切るのだった。

溜池を再捜索すると新たな死体が発見されて…。

引用:ストロベリーナイトサーガ公式HP

↓見逃した”あなた”・録画していない”あなた”は、FODでどうぞ!

ストロベリーナイト・サーガ キャスト

姫川玲子:二階堂ふみ
菊田和男:亀梨和也

葉山則之:葉山奨之
石倉保:宍戸 開
湯田康平:中林大樹

結婚イメージ

中林大樹(34)俳優プロフィール竹内結子QUEENからグッドワイフへ

2019年2月28日
 

大塚真二:重岡大毅(ジャニーズWEST)
井岡博満:今野浩喜

姫川瑞江:菊池桃子(特別出演)
國奥定之助:伊武雅刀

日下守:神保悟志
今泉春男:山口馬木也
橋爪俊介:岡田浩暉

勝俣健作:江口洋介

 

スポンサーリンク

 

ストロベリーナイト・サーガ 人物相関図

ストロベリーナイトサーガ相関図
ストロベリーナイトサーガ相関図

出典:ストロベリーナイトサーガ公式HP

第1話のキーマンは、大塚真二:重岡大毅(ジャニーズWEST)でした。

姫川・菊田・勝俣(ガンテツ)・井岡がキャラ的には目立ちます。

ストロベリーナイト・サーガ 第1話感想

刑事ものではありますが、主役は女刑事の姫川玲子(二階堂ふみ)、男社会の中で色々と奮闘しています。

主人公の二階堂ふみは、なんだかとても大人になった印象があります。

「ぐるナイ」に出ているころよりも、更に素敵な女性になりましたね。

第1話では、もう一人の主人公である菊田和男(亀梨和也)は少しかっこいい場面があるくらいで影が薄い印象です。

それでも決めるところは決めていましたけどね。今後の話の中で、どのように活躍していくのか楽しみです。

記念すべき第1話ということで、居酒屋でのメンバー紹介的なシーンがあるんですけど(ドラマの中で自己紹介しながら、視聴者にも実は自己紹介している定番の奴です)、姫川玲子が率いる姫川班のメンバー達が何とも言えない魅力に溢れていて、こんな風なかっこいい男達になりたいなと普通に思いました。

渋いですね。そして、それを引っ張っている姫川も本当に素敵な女性です。


管理人の予想に反して、ドラマの物語は基本的に1話完結のようで、少し驚きました。

しかし、ネタバレになりますが、殺人事件の犯人である北見(坂東龍太)のラストの変貌ぶりがすごくて、こんな人が身近にいたら本当に人間不信になりそうです。。。

犯人は東大出身という設定なんですけど、東大生が風評被害にあわないかすごく心配です。(笑)

管理人も物語の中盤では、簡単に騙されていました。

本当にいい人・真面目そうに見えたので。

もちろんドラマ上の話ではあるんですけど、この東大生のキャリアの刑事は、実のところ極悪非道の人間で、精神がもはや壊れてしまっています。

狂っています。いや、本当にこういう人はドラマの中だけに存在しているものだと思いたいですね。

 

 

ストロベリーナイトと聞いて、何だか甘酸っぱい青春ドラマかと思っていましたが、全くそんなことはなくて、犯人の変貌ぶりも含めて、内容はかなりグロイものでした。ストロベリーの赤が血の赤の比喩なのですね。


第1話でいきなり姫川が可愛がっていた部下・大塚真二(重岡大毅)が殺されるのはびっくりしました。

かなりの急展開でしたね。

確かに死亡フラグはたっていましたけど。

そして、こういう殺されてしまう役の人ってなんでこんないい奴なんですかね。

憎まれっ子世にはばかるといいますが、本当にそうだと思います。ドラマの中の話だとは言え、その例えが視聴しながらも頭の中で反芻されていました。(笑)

そして、ライバルである勝俣「ガンテツ」がまた嫌なやつなんですよ。

姫川の過去の苦い経験を思い出させるような発言をしたり、ちょくちょく文句を言ってきたり、刑事に向いてないと面と向かって吐き捨てるように言ったり。

まぁ、江口洋介が演じているので、結局カッコいいんですけど(笑)

しかし、なんだかんだいって、第1話最後のシーンなどを見ると姫川を守ろうとしている感じがしてなりません。


物語のメインスキャストは姫川と菊田と勝俣というのがわかりました。

今後の展開の中で3人と他のキャストが、どう絡み、そしてメインストーリーがどう展開していくのか楽しみだなと感じる第1話でした。

 

スポンサーリンク

 

SNSの声

まとめ

4月11日、「ストロベリーナイト・サーガ」の第1話が放送されました。

この記事では、「ストロベリーナイト・サーガ第1話あらすじネタバレ感想・キャストやSNSの声」についてまとめました。

 

SNSの声では、前作の「ストロベリーナイト」のストーリーやキャストを支持する声が多いようではあります。

しかし、今回の「ストロベリーナイト・サーガ」に新しい魅力を感じている声も多いように思います。

過去の作品と新しい作品を見比べながら、楽しむのも良いのではないでしょうか。

 

2019年 春ドラマ まとめ記事は↓こちら

2019年4月 春ドラマあらすじネタバレ感想・キャスト相関図まとめ

2019年4月29日

よく読まれている記事