内田裕也プロフィール樹木希林との馴れ初め過去の女性遍歴トラブルとは?

ロックンロールイメージ
※ロックンロールイメージ
その他

3月18日、歌手の内田裕也(本名・内田雄也)さんが3月17日午前5時33分、肺炎のために、都内の病院で亡くなったとのニュースが流れました。

この記事では、内田裕也 若い頃の画像・樹木希林の馴れ初め過去の女性トラブルとは?という内容をまとめます。

内田裕也さん プロフィール

生年月日:1939年11月17日(78歳)
出身地:兵庫県西宮市
職業: 歌手・音楽プロデューサー・映画監督
ジャンル:ロック、ロカビリー
担当:ボーカル
活動期間 1959年 –

内田裕也 若い頃の画像

内田裕也さんと沢田研二さん・松田優作さんの「きめてやる今夜」カッコいいですね~。

最近は、内田裕也さんといえば、

↑こういう感じの印象が強かったと思います。昔は随分違っていたのですね。

それでは、もう少し内田裕也さんの若い頃の画像をまとめますね。

↑ハドソン川をスーツで泳ぐ「PARCO」のCMも当時話題になりました。

樹木希林との馴れ初めは

2011年にリクルートが出版している結婚情報雑誌「ゼクシィ」で夫婦共演したCMは、印象的で記憶しているかたもたくさんいらっしゃると思います。

波乱万丈の結婚生活を40年近く過ごしてからのCMでの姿には、見る側も裏側にある機微と現在の何ともいえない2人の関係性に魅了されたのだと思います。

樹木希林さんと内田裕也さんは1973年に結婚。

2人の馴れ初めはというと、、内田裕也さんが友人であるムッシュかまやつさんの出演ドラマの現場を訪ねた時、ムッシュかまやつさんと共演していたのが樹木希林さんだったそうです。

そして5ヶ月後に結婚したと言うスピード婚だったようです。

実は、樹木希林さんは内田裕也さんと結婚する前に、当時俳優をしていた別の男性との結婚歴がありました。

結婚生活は長く続かず離婚した後、1973年に内田裕也さんと再婚したのです。

しかし、内田裕也さん・樹木希林さんの結婚生活も長くは続かず、2年で別居生活を送るようになります。

離婚の原因は、内田裕也さんのDVといわれています。

「彼が暴れるともうどうにもとまらないのよ・・警察署に相談したらすぐに駆けつけてくれた。

若い頃、特に結婚当時はひどすぎて暴力は毎晩でした。

家の中はめちゃくちゃ包丁も毎回壊れ買い足しに何度も行きました。

「オタクの包丁はなんでそんなに壊れるの?」とお店の人からも不思議がられていました。」

樹木希林さんが拒否したため、籍を抜くことはなく樹木希林さんが亡くなるまで、45年間もの間、別居生活を続けることになります。

内田裕也さんが離婚に同意しないのではなく、樹木希林さんが拒否するという不思議な関係ですよね。

別居生活が長くなり内田裕也さんは離婚しようと区役所に離婚届を提出したこともあったそうですが、樹木希林さんが離婚を認めず離婚は無効と判決がおりました。

樹木希林さんは内田裕也さんと出会ったのも縁、あの男を放っていたら周りに迷惑をかけるから、私がいる事で最後の一線を超えないようにしていると語ったそうです。

内田裕也さんもまた、樹木希林さんがいるからこそ、大きく外れることなく芸能生活を送れていたのかもしれません。

内田裕也さん 過去の女性トラブルとは?

内田裕也さんと樹木希林さんの間の愛情美談を書いた後で、女性トラブルに触れるのもしのびないですが、内田裕也さんを語る上では忘れてはいけない内容なので記載します。

2011年の5月には、元交際相手の50歳のキャビンアテンダントの女性を脅し、復縁を迫ったなどとして、強要未遂と住居侵入の疑いで内田裕也さんは警視庁原宿署に逮捕されました。

事件が公になった5月13日、樹木希林さんは、東京・渋谷区の自宅兼事務所で緊急会見を行い、「逮捕されてありがたい。生き方を変えて、区切りをつけてほしい」「これまで交際してきた女性は、みんな黙っていた」と数多くの女性トラブルを伺わせたそうです。

内田裕也さん、女性との関係も、まさにロックンロールでした。

まとめ

3月18日、歌手の内田裕也(本名・内田雄也)さんが3月17日午前5時33分、肺炎のために、都内の病院で亡くなったとのニュース。内田裕也さんの若い頃の画像・樹木希林の馴れ初め過去の女性トラブルとは?という内容をまとめました。

トラブルがあったり、奇妙な夫婦関係と揶揄されながらも、最期までロックンロール。

ご夫婦揃ってカッコいいと思いました。

家族写真もなんとも言えず素敵ですね。

よく読まれている記事