アカデミー作品賞「グリーンブック」あらすじネタバレ感想

グリーンブック
※イメージ画像
映画

 

2019年3月1日(金)から、映画「グリーンブック」(原題 :Green Book)が公開されました。

 

黒人ジャズピアニストとイタリア系白人の運転手が2人で旅をするうちに友情を深めていく様を、実話をもとにして描いた映画。

1960年代の人種差別が残るアメリカ南部が舞台で、生まれも性格も全く違う二人が衝突の上に友情を築いていく内容。

トロント国際映画祭で観客賞、ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞。

そして、第91回アカデミー賞では作品賞・主演男優賞(ヴィゴ・モーテンセン)、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞、編集賞の5部門にノミネートされ、3部門(作品賞・助演男優賞・脚本賞)に輝きました。

 

今回は、映画「グリーンブック」のあらすじ・予告動画・キャスト・原作・感想についてまとめます。

あらすじ

 

1962年のニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニーリップは、学もなく荒っぽい性格だが、家族や周囲の者に頼りにされていた。

トニーは、天才ジャズピアニストで黒人のドクター・シャーリーに運転手としてスカウトされる。

 

黒人の元で働くことに問題は?ドクターがトニーに尋ねると、いつものように粗く「別に・・」と答える。

振る舞いには気を付けてくれというドクターの言葉は上の空、トニーは車からごみを捨てたり、ピザをまるごと食べたりといつも通り。

 

性格の全く違う二人は、数々の衝突を繰り返しながらも、徐々にお互いを理解するようになる。

ドクターは、トニーと共に黒人専用ガイドブック(グリーンブック※)を頼りに、黒人に対し危険が多く、差別が色濃く残る南部へのコンサートツアーを目指す。

ある雨の日、黒人なんかの運転手?と言われ、トニーはカッとして殴るのですが、暴力は無意味だと言うドクター。アンタは、他の黒人と違うからなというトニー。

旅の終わりには、「最強のふたり」の忘れえぬ旅が起こす奇跡!が・・・。

予告だけでも二人の友情があふれ出す作品。

※グリーンブック:1936~1966年まで毎年出版され、黒人が利用することができる施設を掲載した旅行ガイドブック。

 

キャスト

 

トニー・リップ・バレロンガ: ビゴ・モーテンセン

ドクター・ドナルド・シャーリー :マハーシャラ・アリ

 

ドロレ:スリンダ・カーデリニ

オレグ:ディミテル・D・マリノフ

ジョージ:マイク・ハットン

 

 

スポンサーリンク

 

原作

監督ピーター・ファレリー、脚本のニック・ヴァレロンガで実話をもとに作られた作品です。

 

 

口コミ

感想

生い立ちや人種、職業も違うふたり。

最初は、ギクシャクして反発もするが、グリーンブックを頼りに旅をするうちに、信頼と友情が芽生えていく姿に感動します。

その感動が押し付けられたものではなく、自然とじんわり湧き上がってくる感じがしました。

社会風刺もありながら、ユーモアで重い雰囲気にしないストーリー展開。

歴代ロードムービーNo.1と言っている方もいます。

確かに期待していた以上に良い映画だと思います。

まとめ

映画「グリーンブック」についての情報をまとめました。

ツイッターでは、特別試写で笑いが絶えずとても良い作品という声もありました。

上映をかなり期待している人も多いようです。

是非、映画館に足を運んではいかがでしょうか。

 

2019年3月公開映画の記事はこちら↓

映画イメージ

2019年・公開の映画あらすじ・ネタバレ・口コミ一覧まとめ

2019年3月8日

よく読まれている記事